販売することは問題ありません - 松本 佳之 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

松本 佳之 専門家

松本 佳之
税理士・公認会計士・行政書士

- good

販売することは問題ありません

2009/12/14 18:00

はじめまして。

北浜総合会計事務所 税理士の松本佳之です。

ご質問の件について、回答いたします。

まず、商品を過年度に滅却処理(評価損の計上)されたということですが、(原価法を採用している場合)税務上は廃棄前の評価損の計上は基本的に認められませんので、必要な税務調整(評価損の否認)を行っていることを前提とさせていただきます。
この前提が異なっている場合には、再度ご質問ください。

1.この商品を販売することが可能なのでしょうか?

商品の販売自体はビジネス上のお話であり、経理処理に左右されるものではありません。
したがって、販売することに全く問題はありません。

2.販売するとすれば、どのような処理が正しいのでしょうか?

既に評価損の計上という形で''費用を計上済み''であるため、今回の決算では''売上のみを計上する''という方法が考えられます。
原価ゼロで売上が計上されることになりますが、過去の決算の時点で商品の価値がゼロと判断されていた訳ですから、経理処理上もその実態を反映する妥当な処理と考えます。

回答専門家

松本 佳之
松本 佳之
( 大阪府 / 税理士 )
税理士法人AIO 代表社員
06-6208-6230
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

若いパワーと「継続する情熱」でお悩みを迅速に解決します。

難しい会計や税金の言葉をお客様にわかりやすく伝え、納得してもらう。そして、経営に活かしてもらうことによりお客様の成長をサポートすることを目指しています!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

在庫品の滅却と、仕入れ

法人・ビジネス 会計・経理 2009/12/14 11:34

長期間(5年以上)在庫してきた商品を、滅却(経理)処理しました。
その後、当該商品を必要とする顧客があらわれ、当該商品が廃棄前だったことからこれを販売しましたが、すでに滅却処理(経理)されている… [続きを読む]

abq053202006さん (千葉県/58歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

既製品雑貨とハンドメイド雑貨の勘定科目 Bambiceさん  2016-07-09 23:36 回答1件
棚卸について 千草 楓さん  2008-11-16 20:48 回答1件
外注加工費について cocolさん  2016-02-20 11:57 回答1件
ハンドメイド販売の仕訳について cocolさん  2016-02-03 13:29 回答1件