根本的な相違につきましては! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

根本的な相違につきましては!

2009/12/09 20:46

ゆさっち様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、ゆさっち様からのご質問につき、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.財形融資とフラット35の根本的な相違につきましては、
(金利)
・財形融資は基本的に変動金利型で当初5年間は固定金利で推移しますが、それ以降は変動金利となります。
・フラット35は全期間固定金利型で推移します。

(資金使途)
・財形融資は自身で所有及び居住するため。
・フラット35は自身又は親族の居住するため。

(借入限度額)
・財形融資は4,000万円以下
・フラット35は8,000万円以下

(繰上げ返済)
・財形融資は手数料必要。
・フラット35は手数料無料。

2.返済方法につきましては、

・財形融資は融資方法によっては会社を退職の際、残債の一括返済の打診をされることがあります。

・フラット35は返済期間に応じた方法です。

3.そこで、5年間は財形融資の返済額(利子補給考慮して)がフラット35よりも下記の様に少ないですが、6年目以降を予想いたしますとフラット35の方をお勧めいたします。

(財形融資=毎月の合計額67,072円)
・利子補給あり=1,500万円、金利1.0%⇒毎月の返済額42,342円
・利子補給なし=  800万円、金利1.56%⇒毎月の返済額24,730円

(フラット35=毎月の合計額73,502円)
・利子補給あり=1,500万円、金利1.3%⇒毎月の返済額44,472円
・利子補給なし=  800万円、金利2.6%⇒毎月の返済額29,030円

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

財形融資とフラット35の比較

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/12/09 16:37

来年家を建てる際の住宅ローンについてご質問があります。
財形融資を使うか、フラット35を使うか現在悩んでおります。
借入金は2300万、返済期間は35年を予定しております。

どちらの融資も会社の利… [続きを読む]

ゆさっちさん (福岡県/35歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/12/10 09:57

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入について なおはるさん  2010-02-12 09:49 回答2件
新築・中古住宅ローン各種、審査など hassan77さん  2014-01-28 16:10 回答1件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
住宅取得の資金計画について mgcさん  2012-03-25 14:32 回答1件
自己資金0での住宅ローンについて yuri1206さん  2011-08-22 16:37 回答3件