歯に入るヒビについて - 山本 治 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

山本 治 専門家

山本 治
歯科医師

1 good

歯に入るヒビについて

2009/12/05 16:42
(
5.0
)

ウメダデンタルクリニックでございます。
早速ご質問についてですが、歯にヒビが入って冷痛が生じることは稀にございます。
奥歯については咬合性からくるものが多く、ヒビが縦に入るのが特徴です。
たいていのケースにおいては神経の処置を必要とされますが、ヒビの大きさや方向によっては運良く、神経を取らずに済むこともあります。

応急処置にて一旦は痛みが消失されたようですが、再発の可能性が高く、症状が増大することも考えられます。また、最悪の場合には抜歯を余儀なくされる可能性も秘めております。歯の寿命のことを考えますと、早々にクラウンを被せて、安定した状態に戻すことをお勧めいたします。

クラウンの種類は金合金でもセラミックスでも構わないと思いますが、耐久性や審美性を重視されるのでしたら「ジルコニアボンド」がファーストチョイスと言えます。

宜しければご参考ください。
オールセラミックスクラウンの症例
審美歯科・矯正歯科のウメダデンタルクリニック

補足

歯に入ったヒビの対応策として、なぜクラウンが良いのかと申しますと、対合する歯との咬合力を歯根で吸収するところにあります。従いまして、ヒビはこれ以上に悪化せず、安定した状態をキープできることになります。
インレーの場合は内側性になりますので、歯冠にも力が加わり、不安な要素が残されます。
クラウンの種類については先にも記述しましたが、何でも結構かと思います。優先すべきはヒビの安定と考えます。

回答専門家

山本 治
山本 治
( 大阪府 / 歯科医師 )
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

歯のクラウンについて

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/12/05 01:16

数ヶ月前、左上奥歯に違和感を覚え、また歯磨きの際冷たい水で口をすすぐと痛かったので、歯医者に行ったところ、歯にひびが入っているとのことでした。その時は応急処置としてひびのところを削り詰めものをしま… [続きを読む]

caramelcatさん (埼玉県/48歳/女性)

このQ&Aの回答

クラウンの寿命について 倉田 友宏(歯科医師) 2009/12/07 14:02
歯にひび、セラミッククラウン? 山内 浩司(歯科医師) 2009/12/05 08:57
質問にお答えします。 金田 竜典(歯科医師) 2009/12/06 14:43
山内先生 2009/12/07 03:52
山本先生 2009/12/07 03:55
倉田先生 2009/12/08 06:32

このQ&Aに類似したQ&A

慢性骨髄炎について eruさん  2007-08-03 16:19 回答1件
左下奥歯の根管治療について シロックマさん  2016-07-28 08:14 回答1件
歯根治療後の薬無しについて 麻黄さん  2016-07-11 22:16 回答1件
29本目の歯について 醤油煎餅美味いさん  2016-06-04 00:06 回答1件
急な噛み合わせの変化について。 藤原たかこさん  2015-12-25 21:12 回答1件