オールセラミックスクラウンについて - Dr.TSUBAKI - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
Dr.TSUBAKI 専門家

Dr.TSUBAKI
歯科医師

- good

オールセラミックスクラウンについて

2009/12/03 09:49

こんにちは。ご質問にお答えいたします。

1.オールセラミックスクラウンは、セラミックの厚みを確保する必要があるため、一般的なメタルボンドと呼ばれる差し歯よりも削る量は多くなります。歯の根元付近で約1mm、かみ合わせの部分で1.5mmです。ただし削る部分はエナメル質〜象牙質の一部で、歯の全体から見ますとそんなに多くはありません。エナメル質を取ってセラミックに置き換えると考えてください。

2.神経を残した場合、後で神経が死んでしまう場合があります。これは通常は数年の間に症状が現れますので、10年以上問題がなければ大丈夫でしょう。ご心配であればレントゲン検査によって根に炎症を起こしているかどうかはわかります。またこれはケアでは防ぐことができません。以前は差し歯にする際にはすべて神経を取っていましたが、現在はなるべく神経を残すようになってきています。

3.10年たったらやり直さなければならないことはありません。ティースアートにいらっしゃっている方も10年以上たって根元の境目が見えていない場合もあります。もし見えてきてもその部分のみを補修したり、歯茎を上げて隠す方法もあります。

4.残念ながら接着剤は経年的に劣化してきます。しかし最近の接着剤は性能がよく、簡単にはとれませんが、かみ合わせなどによっては外れてしまう場合もあります。

5.オールセラミックスの場合、歯にかなり強固に接着していますので、簡単に外すことはできません。通常はクラウンを削ってはずしていきます。しかし丁寧に外していけば、下の歯をほとんど傷つけることなくはずすことは可能です。

6.ほかの先生がおっしゃっているように、矯正後は歯が移動するため、クラウンのやり直しが必要になってくる可能性があります。

セラミックについてはこちらもご参照ください。

 ティースアートのセラミック治療

回答専門家

Dr.TSUBAKI
Dr.TSUBAKI
( 東京都 / 歯科医師 )
ティースアート ティースアート代表
03-3541-3514
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

米国の最先端ホワイトニングを日々研究、提供しています

日本で最初のホワイトニングサロンを銀座にオープンさせて以来、講演活動などを通して国内のホワイトニングを牽引しています。常に新しい技術を習得することを心がけており、年2回アメリカの審美学会に出席、日本人の歯を白くすることに貢献しています。

(現在のポイント:8pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

オールセラミッククラウンについ教えてください。

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/12/01 22:34

前歯2本にオールセラミッククラウンが入っています。
最近、ちょっと気になることがありまして、専門家の方のアドバイスを頂きたく思います。よろしくお願いします。

1本は神経の… [続きを読む]

ふぅみさん (滋賀県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

マウスピース矯正について 晝間 康明(歯科医師) 2009/12/02 08:27
アトラスタワー歯科の藤田です。 藤田 博紀(歯科医師) 2009/12/03 19:35
質問にお答えします。 金田 竜典(歯科医師) 2009/12/04 14:26

このQ&Aに類似したQ&A

治療の進め方に疑問があります pigupigu73さん  2013-07-27 13:26 回答1件
奥歯のセラミックについて にぼしーさん  2016-04-09 03:29 回答1件
神経を抜くと歯は腐る? 主婦さん  2014-01-30 09:29 回答2件
右上下奥歯治療、しかし痛みが止まらず tomohiro-gifuさん  2012-01-08 20:57 回答2件