副業について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

1 good

副業について

2009/12/03 08:58

ご主人様・質問者様ともに、お勤めされているということでよろしいでしょうか?
そのような状況であれば主たる給与収入につきましては、お勤め先で年末調整して頂けると思いますので、特に問題ないかと思います。

次に副業の収入ですが、基本的に給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下である人につきましては、確定申告をする必要がありません。
したがいまして、副業の収入から必要経費を引いた金額が20万円以下であれば、
確定申告をしなくていいことになります。

もし確定申告をする場合は、給与分(給与所得)と副収入分(雑所得)を合算して、
全体の収入に対する税額を計算したあと、すでに納付済みの税額(源泉徴収票および副業収入の支払調書に記載されている金額)を差引きます。
このとき納付のほうが多ければ税務署から税金が還付されますし、
納付のほうが少なければ追加納付をして頂くことになります。

ただし、確定申告をする場合には、給与+副収入分を申告することになりますから、
翌年の住民税の金額がその副収入にかかる分だけ増加することとなります。
計算結果によりましては、還付を受ける金額よりも翌年の住民税の支払が多くなることがありますので、慎重にご判断ください。

確定申告には、副業収入の支払者よりその支払を証明する支払調書をもらわなければいけませんので、1月の下旬〜2月上旬までにお手元に届かないようでしたら、依頼し入手して頂いたほうがいいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

副業の確定申告(約10〜20万円)

マネー 税金 2009/12/01 13:03

最寄りの税務署が遠い上、知人が多い市役所で聞きにくいため質問させて下さい。よろしくお願いします。
私の副業の収入ですが、下記のような場合、申告すべきでしょうか。そして、申告すると・・… [続きを読む]

ちび牛さん (石川県/36歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

Wワークの年末調整について れおらんさん  2016-11-23 16:43 回答1件
確定申告について namyさん  2008-02-25 12:18 回答1件
株式売却益による扶養親族適用の影響について yuminekoさん  2008-02-02 11:59 回答1件
130万円の壁について あき1122さん  2016-05-24 12:50 回答1件