所得税は103万円以下は非課税 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

所得税は103万円以下は非課税

2009/11/30 22:21
(
5.0
)

みほりさん、今晩は。CFPの小林治行です。

申告書とありますが、ハガキ大の「給与所得の源泉徴収票」のことですかね。

ばれるとか、ばれないとかの判断は年収の合計で計算します。
貴女の場合の収入は45万円+14万円=59万円ですね。

給与所得には一人当たり65万円の給与所得控除があり、+国税(所得税)では基礎控除が38万円、合計103万円を超えると所得税の納税の義務が発生します。又住民税はこの金額が100万円です。

貴女の場合は59万円ですから、ばれるもばれないも元々納税の義務が無いということです。

仮に主たる勤務先で65万円、従たる勤務先で50万円とした場合、、それぞれの勤務先は非課税の範囲内ですから、源泉徴収をしていないはずです。しかし貴女としては合計では115万円となりますから、2枚の源泉徴収票を添付して翌年確定申告をする事になりますね。

ご質問の趣旨と合っていますか? もし質問の趣旨と違っていたら再質問して下さい。

小林のHPはこちら:[[http://kobayashi-am.jp/]]

評価・お礼

みほり さん

大変わかりやすいご説明に感謝します。
これからもっと勉強して、知識を深めたいと思います。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年末調整の副業について

マネー 税金 2009/11/30 20:34

同じような質問があったですが、金額が低い場合で良く分からなかったので相談にのってください。

年末調整で、主たる勤務先から申告書がきました。
年間の給与の総合計は45万ほどです。
給与からは税金は… [続きを読む]

みほりさん (北海道/30歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

社会保険料控除について ナナサさん  2010-10-29 20:22 回答1件
事業所得から給与所得への変更における税金について ヒガシさん  2010-08-28 13:13 回答1件
医療費控除と配偶者控除について megmegさん  2008-02-18 04:08 回答1件
独身・両親と同居、転勤後の住宅ローン控除について ねーむれすみやさん  2015-12-29 11:43 回答1件
扶養控除の是正について netarou100さん  2012-11-19 22:48 回答1件