ご質問の件、お答えします。 - 上津原 章 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

ご質問の件、お答えします。

2009/11/21 10:38
(
5.0
)

クハさんへ
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。
以下、分かる範囲でお答えします。

ご主人の会社の経理担当者がいわれたのは、実務的にいえば手間のかからない方法です。
年末調整のときに平成22年分の扶養控除等申告書に書くのは、平成22年1月からの源泉徴収額を正しいものにする意味合いもあります。
この申告書を書くのは11月〜12月のことですので、平成21年末の扶養状況も反映されるといったこともあるように思われます。

税務署の方が言われているのは、確かにそのとおりです。厳密に言えばその方法がよいのはいうまでもありません。ただ、税務署の方のいわれるようにすると、書庫から平成21年分の申告書類を取り出して反映する必要があるかもしれません。一人だけのことであればよいのですが、従業員の多い会社であればそれだけで事務処理の負担になることもあります。

質問1ですが、
ご主人の会社のような方法を取る会社が少なくないと思われます。
税務署から会社に届く書類が、扶養控除等申告書は平成22年分、給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書は平成21年分だからです。

質問2については、
平成22年分の扶養控除申告書については、これからの見込み額で書きます。
今後の毎月の給料が10万円で年間通して働く場合、給料は10万円×12=120万円。年間所得見積額は120万円-65万円=55万円 となります。
給与所得者の配偶者特別控除申告書には、今年の実績の数字を書きます。

お気持ちに沿わない部分がございましたらご容赦ください。

評価・お礼

クハ さん

上津原様

ご回答、ありがとうございました。

知識もなく失礼な質問だったかと思いますが、
ご丁寧にお答え頂き嬉しく、また、安心致しました。

また何かの際にはお世話になるかと思いますが、
よろしくお願いいたします。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
( 山口県 / ファイナンシャルプランナー )
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

私は本年1月末より夫の扶養に入っておりましたが、今月より働き始めました(収入見込、10万程)。
年末調整について、その10万については私が勤めております会社で申告致します。
… [続きを読む]

クハさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

年末調整の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/21 08:55
源泉徴収票で確認を 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/21 16:50

このQ&Aに類似したQ&A

年末調整・控除について。いつ扶養に入るべきか みなみさん  2006-11-17 12:08 回答1件
配偶者特別控除の記入間違い レインデッキさん  2013-06-20 17:22 回答1件
夫の年末調整と妻の所得 booさん  2008-03-13 19:17 回答1件
扶養控除の是正について netarou100さん  2012-11-19 22:48 回答1件
結婚退職時の年末調整方法について 992208syさん  2012-11-19 19:53 回答1件