住宅ローンの見直しについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの見直しについて

2007/05/28 18:31

もなさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています渡辺と申します。

将来の金利動向につきまして、4%になるのか、あるいは5%になるのかまでは分かりませんが、今後は少しずつでも上昇していくものと、覚悟はしておいた方がよろしいと考えます。

もなさんの場合、もう時期に更新となりますので、この機会に短期固定のままで今後もいくのか、あるいは長期固定金利に切り替えるのかを選択することになりますが、アドバイスとしいたしましては、返済可能な範囲内で、固定期間を長くしていただくことをおすすめいたします。

例えば、2年固定だったものを5年固定金利にした場合、固定期間が長くなる分金利も高くなりますが、将来更新する回数を少なくすることができますので、その分、金利上昇リスクを回避することができます。

幸い、もなさんの場合、小学一年生と幼稚園年少ということもあり、お子様の教育資金はあまりかからなくて済む時期となりますので、今のうちにしっかりと貯蓄していただき、繰り上げ返済をできるだけ行っていただき、残高2,918万円を削減していただくことをお勧めいたします。

今のうちにローン残高を少なくしていただくことで、今後住宅ローンを見直すときに、有利となります。

尚、何年固定がもなさんにとって最適なのかにつきましては、収入なども考慮したキャッシュフロー表で将来の資金残高の推移を確認させていただかないと判断できませんが、ご希望いただければより具体的なアドバイスをいたしますので、当社HPの中の『住宅ローンの相談』メニューをご参照のうえ、ご検討されてはいかかがでしょうか?

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお申し出ください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

短期固定期間終了後のロ−ンについて

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/05/28 17:13

2年前に借り換えをしました。0.7%金利優遇で1.3%の2年短期固定のボ-ナス払い無しで契約しました。6月25日までに固定金利期間終了後の手続きをしなければなりません。残高2,918万程で返… [続きを読む]

もなさん (神奈川県/35歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

ネット銀行について 106さん  2010-01-14 00:54 回答2件
住宅ローン返済について ごまめさん  2008-08-06 12:30 回答3件
フラット35Sor10年固定or変動 KSKさん  2010-09-22 11:21 回答2件
フラット35Sor10年固定or変動 KSKさん  2010-09-20 00:25 回答8件
東京スター銀行への借り換えは妥当でしょうか lovery_kidsさん  2010-08-26 11:00 回答3件