支出を減らすには・・・ - 岡崎 謙二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

支出を減らすには・・・

2009/10/21 16:04

まず、支出項目を整理してみましょう。生活費(光熱費+食費≒15.5万円小遣い=2.5万円生命保険料≒5.6万円家賃≒2.5万円保育料 =5.1万円借入金+利息=2万円 計約33万円
現在のご主人様の手取り収入が32万円ですので、基本的にはご主人様の収入だけで支出が賄えることがわかります。

1、支出を減らすには?
支出を減らして、貯蓄額を増やすことが目的ならば、生活残金を貯蓄する方法から、まず一定金額を貯蓄する方法への切り替えをお勧めします。

そして、3か月間で結構ですので、大まかな家計簿をつけてみましょう。基本の食費・光熱費を確認し、用途不明金や、使い過ぎている項目が見つかれば、節約のチャンスです。そこから削減していきましょう。

次に支出を固定支出と流動的支出に分け、冠婚葬祭費等を日常生活費から支出するのではなく、突発的な流動支出用として別に口座等を用意するのも良いですね。

まとめますと、支出項目で、削減できそうなものは、生活費と生命保険料です。
生命保険は「どんな時にどのような形態で保険金が降りタイプのものか?」、「本当に必要な保険なのか?」を確認され、削減または追加されることをお勧めします。

2、奥様の勤務形態について
扶養親族の要件のひとつに「年間の合計所得金額が38万円以下であること」とあり、給与所得者の場合は年収103万円の相当します。
(合計所得金額=年収103万円-給与所得控除65万円=38万円)
奥様の場合は、もともと扶養控除の範囲ではないと思われます。
現在は確定事項ではありませんが、扶養控除が廃止されると言われていますが、廃止されても、お子様の控除分が影響するだけだと考えられます。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計診断・妻の働き方について教えて下さい

マネー 家計・ライフプラン 2009/10/20 12:56

?家計診断をお願いします。
支出を減らすにはどうしたら良いでしょうか?
現金引出した分は、現金支払いしか出来ない時に使用します。
病院・薬局・日常生活費等です。冠婚葬祭費も… [続きを読む]

りょうたろさん (栃木県/34歳/男性)

このQ&Aの回答

節約項目は保険、奥さまは正社員のままで 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/21 11:00

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
医療費が増えた為家計診断してください。 renntiさん  2011-03-19 21:52 回答3件
家計診断をお願いします。 happy_tomoさん  2010-06-28 10:37 回答6件
どうしても赤字に・・・家計診断お願いします ちゃぴちゃぴぴさん  2009-08-16 18:39 回答5件
家を建てたい。家計診断をお願いします。 えりんごばななさん  2015-06-11 14:47 回答3件