金利と為替で判断を - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

金利と為替で判断を

2009/10/20 17:49
(
4.0
)

マゴン様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

豪ドルMMFかオーストラリア国債かの件、もし、両方とも、2年5ヵ月持ち続けるつもりであれば、おそらく、オーストラリア国債を選んだ方が、単純に言って、金利分のメリットが得られる可能性が高いでしょうね。
為替リスクは同じですし。

ただ、オーストラリアは、今、政策金利を引き上げていますので、あと、半年くらい待つと、金利が上昇している可能性もなくはありません。

ですので、例えば、半年後にオーストラリアの金利がすごく上がった場合に、国債の方を買っていたとすると、後悔するかもしれません。

金利が上がると、債券価格は下がる(金利が下がると、債券価格は上がる)というメカニズムがありますので、金利上昇時に手持ちの国債を途中売却して乗り換えるとしても、その時の債券価格は、マイナスになっているということです。

あとは、課税上の取り扱いも異なります。

外国債券は、満期まで持ち続けた場合、償還差益は、雑所得として、総合課税の対象になります。一方、外貨MMFで生じた為替差益は、非課税です。

ただし、外国債券も、途中売却の場合は、売却益は、非課税となります。
(利付債の場合)

利子については、いずれも20%源泉分離課税です。

もっとも、オーストラリアの債券に投資することが、ご自身の運用目的に適っているか、という視点の方が、各論よりも重要と思います。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

オーストラリア国債

マネー 投資相談 2009/10/19 17:06

野村でのオーストラリア国債が満期になり、現在豪ドルMMFに預けてありますが、10/16現在、利率5.75%、単価102.27、利回り4..76%、償還日2012/4/15、残存2年5ケ月のオーストラリア国債があるのですが、豪ドルMMFに預けたままにしておくか、この外債を購入するか、どちらがいいでしょうか?

エビエさん (愛知県/52歳/女性)

このQ&Aの回答

購入に当たっての判断ポイントです 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/19 22:48
ご質問の二者択一で言えば・・ 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/20 00:21
オーストラリアの債券 向井 啓和(不動産業) 2009/10/20 11:58

このQ&Aに類似したQ&A

外国債券購入について こぶしの花さん  2012-03-16 14:14 回答1件
投信を考えています yanchanchan2さん  2010-10-15 11:00 回答1件
オーストラリア国債について エビエさん  2010-06-05 11:18 回答1件
インデックス投資 rs3080さん  2009-11-22 21:54 回答5件
投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件