住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/10/19 09:55

ランニング小僧さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『ただ、将来を考えると、今から4000マン近くの借金を背負うのは、無謀でしょうか?』につきまして、例えば、借入金額4,000万円につきましてローン金利3.0%・30年返済とした場合、ふたりあわせた手取り年収金額1,500万円に占める住宅ローンの負担割合は、13.5%ほどに収まりますので、住宅ローンの返済で家計が圧迫されるようなことはありません。

尚、お子様の教育資金につきましては、これからの進路予定により教育資金が大幅に異なってしまうことになります。

よって、お子様のこれから必要となる教育資金、基本生活費、さらに今後見込むことができる収入なども考慮したキャッシュフロー表を作成し、資金残高の推移を見ながら住宅を購入しても家計が成り立っていくかどうかを予めシミュレーションしてみることをおすすめいたします。

キャッシュフロー表の作成に当たってはご自身で作成しても、あるいは専門家に作成を依頼してもよろしいと考えます。

尚、住宅を購入するかどうかのポイントは住宅を購入後、教育資金を賄いながらどれくらいの割合で繰り上げ返済を行っていくことができるのかという点になります。

ランニング小僧さんの場合、年齢的なことを考慮しても失敗をしてしまうとリカバリーは決して楽ではありませんので、専門家のアドバイスを受けながら住宅購入は検討していくとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

60歳の定年まであと12年。住宅ローン…無理か?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/10/16 10:14

自分と妻の年収は合算して1500万。自宅はローン完済しています。繰り上げ返済を頑張ってきたので手持ち金が…。2人の子どもたちは大学生で今が一番お金のかかる時期だと思うのです… [続きを読む]

ランニング小僧さん (埼玉県/46歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/16 13:14
借入限度額及び返済負担率も! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/18 10:18

このQ&Aに類似したQ&A

56歳からの住宅ローン beyan_age53さん  2012-02-15 16:32 回答3件
新築・中古住宅ローン各種、審査など hassan77さん  2014-01-28 16:10 回答1件
住宅ローンに落ちました。今後が不安です。 sweetpandaさん  2012-09-09 11:38 回答1件
価値観の違いで悩んでいます。 popteeeenさん  2011-02-05 15:29 回答3件