住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/10/17 10:06

situmonさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このような状態では、マイホームのためだけに働き、生活していくことになりますか?』につきまして、現在は社宅ということもあり、手取り月収金額に占める住居費用の負担割合が低く済んでいると思われますが、もし、住宅ローンを組んでしまった場合には今のような生活はあきらめなくてはいけないことになってしまうものと思われます。

一般的に住宅ローンを組んで家計に負担をかけることなく無理なく返済していくためには、手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、28%ほどに収めていただくということになりますが、社宅に住んでいた場合、住宅ローンを組むことで住居費用が跳ね上がってしまいますので、しばらくは家計管理に苦労をすることになると思われますし、旅行や帰省など、レジャーに充てられる費用は相当削減していかないといけないことになると思われます。

よって、社宅に住むことができるうちはできるだけ社宅に住み続けながら、その間にしっかりと貯蓄をしておくことをおすすめいたします。

不動産屋さんの営業マンの言っていることは、あくまでも住宅を販売するためのセールストークに過ぎませんので、安易に鵜呑みにするようなことはしないでください。

一旦、住宅ローンを組んでしまうと、収入が減ったからと言っても毎月の返済額を軽減してはもらえませんし、みんなこの点で住宅ローンの返済に苦労しています。

ご主人様とも良く話し合った上で、結論を出すようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/10/14 22:08

旦那の年収は600万円くらいで29歳
私は派遣で200万くらいです28歳です
4700万円の住宅を購入しようか迷っています。
頭金200万です
営業マンは、年収の7倍まで可能といいますが、
借りられたとしても、今後の生… [続きを読む]

situmonさん (愛知県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/15 10:23
あまり無理をせず! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2009/10/15 08:02
・・・ 2009/10/16 01:52

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断及び住宅購入について norisama1さん  2008-07-01 00:37 回答7件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
収入に対して住宅ローンの占める割合 necowlさん  2009-02-26 22:25 回答4件
住宅購入予定 家計診断お願いします koikoiさん  2008-10-23 00:47 回答7件