自然災害に対しての設計について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

安藤 美樹

安藤 美樹
建築家

- good

自然災害に対しての設計について

2009/10/15 14:54
(
4.0
)

建築基準法(第1条)で定められている基準は、最低基準だと考えて良いです。

すなわち、大地震をうけたときに、人命を守るために建築物の崩壊を防ごうとしているもの、大地震後の財産保全と機能維持まで求められていないというのが、現実です。


法律は最低基準と考え、私達設計者は、建物毎に、安全性の高いものを目指すのが、役目だと考えます。そして建築主さんへの説明の義務もあります。どこまでの安全性を目指すのかの話し合いを行うべきとも考えます。


壁や屋根材の仕上げの安全性の検討も最近ようやく、重視されるようになってきました。
以前はこのへんはおざなりで、被害が多いのは、このへんが原因と思います。


どこに頼んでも当然壊れない建物を建ててくれる、と考えていると
思います。

が、残念ながら、
安全性の高い建物を建てることへの方針を、建築主さんが持たなくては、そしてそれを実現してくれる設計者に依頼しなくては実現しないかもしれません。


少しでもご参考になる事を願っています。

評価・お礼

jka さん

安全性については、注文住宅であれば、実現できるかもしれないが、
それでも最低限、住まう側が賢くなり、安全性を確かめ、きちんと投資しなければ無理ということですね。
ご回答ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

台風をはじめとした自然災害について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/10/14 11:54

先日の台風18号での報道で、住宅の壁がまるごと吹き飛んだ事例をみました。
壁の一部に何かが当たって穴が開いたり、一番外側が吹き飛んだり、というのは常識的にありそうに思うのですが、まるご… [続きを読む]

jkaさん (京都府/34歳/女性)

このQ&Aの回答

個人的な考えですが・・・ 八納 啓造(建築家) 2009/10/16 08:57
自然の力と建築 志田 茂(建築家) 2009/10/14 19:44
ローンは35年 2009/10/20 21:53

このQ&Aに類似したQ&A

一戸建て2Fベランダ支え部分からの雨水侵入 shin_shinさん  2012-06-06 23:38 回答1件
家造りに伴う打ち合わせ等について 磯科さん  2010-02-15 00:40 回答3件
工務店・設計事務所の信用力について 段田男さん  2009-08-21 15:52 回答4件
ブランドの真似では思った家にはなりませんか? 七転びさん  2009-08-02 22:42 回答2件