Re:噛み締め圧迫症候群とは? - 堀内 晃 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

堀内 晃 専門家

堀内 晃
歯科医師

- good

Re:噛み締め圧迫症候群とは?

2009/10/08 16:35

はじめまして長崎の堀内と申します。さてお問い合わせの件ですが、歯がぐらぐらの状態になっておられるということですね。歯周病ではないといわれたということ。これに対する病名が噛み締め圧迫症候群ということなのですね。この病名については耳にしたことはありませんが、病名からすると原因はわからないけれども噛みしめをされているということのようですね。

ですから噛みしめによって起こっている一連の症状であるかもしれません。
ただ、この噛みしめが起こっている理由ですが、強いストレスというのは、み代さまが感じておられる精神的なストレスのことでしょうか?それとも歯に対してでしょうかね。
精神的なストレスによっても確かに噛みしめはおこります。

ただ、素因として歯が年齢とともに磨り減ることで上下の歯の接触面積が増加していしまうという事実があります。それで顎の運動が自由にできなくなると自律神経の反射で噛みしめを起こしてしまいます。
さらにそれを加速する因子として頬杖やうつぶせ寝、横向きねなどの態癖と呼ばれる癖があります。態癖では歯を含めて顎が位置を変えてしまうため、治療法としては、噛み合わせの調整ですむ場合もあれば、かぶせ歯を広範囲にして噛み合わせのバランスを取り直す方法、あるいは歯をあまり削らないで済む方法として矯正治療+噛み合わせ調整という方法があります。
 
また、なにかありましたらいつでもどうぞ!

回答専門家

堀内 晃
堀内 晃
( 歯科医師 )
堀内歯科・矯正小児歯科 院長

長崎近県の歯科治療ならお任せ! 根治を目指して治療します

歯の健康についてお悩みの長崎近県在住の方へ、親身な姿勢で原因からの治療を考え、幅広い技術をご提供しています。長年の経験と知識に基づき、歯列全体を見据えてトータルにケア。丁寧な説明と迅速な治療がモットーです。矯正認定医にも指定されています。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

噛み締め圧迫症候群とは?

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/10/07 09:14

強いストレスがあり、犬歯から奥の歯が上下左右すべて、乳歯が抜け落ちる前のぐらぐらの状態のようになっています。歯の生え際の根っこがでてしまい、歯茎もやせているようです。歯周病ではないと歯科医から言われました。噛み締め圧迫症候群という疾患はありますか?
どのような治療が必要ですか?

み代さん (愛知県/42歳/女性)

このQ&Aの回答

食いしばりについて 倉田 友宏(歯科医師) 2009/10/09 10:15
質問にお答えします。 金田 竜典(歯科医師) 2009/10/07 18:25

このQ&Aに類似したQ&A

どこに行けば、、、 がたぴしさん  2014-03-10 21:30 回答1件
冠をかぶせたら、かみ合わせが合わなくなった。 pianohikuさん  2010-06-24 12:15 回答7件
固いものを噛むときだけ歯が痛い みくじさん  2015-03-24 13:47 回答1件
奥歯の歯茎が腫れて歯茎と耳や首の辺りが痛い 7色さん  2014-01-03 13:16 回答1件
治療したのに歯が痛い 長介さん  2013-07-18 08:39 回答1件