貯蓄アドバイスの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄アドバイスの件

2009/09/26 09:48
(
5.0
)

kakeiminaosiさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『ただいまの心配は収入に比べて貯蓄が少ないことです。』につきまして、ふたり合わせた手取り月収金額806,000円にしめる住宅ローンの負担割合は28%ほどとなりますので、住宅ローンの負担が家計を圧迫するようなことはありません。

また、ふたり合わせた手取り月収金額に占める毎月の貯蓄割合は9%ほどとなりますので、kakeiminaosiさんも書いているとおり、将来予定しているライフイベントやそれにかかる費用のことを考慮した場合、もう少し積立金額を増やした方がよろしいと考えます。

尚、ご記入いただいております、家計簿データを拝見いたしましたが、一部の支出項目で少々過剰と思われる部分もあります。

ご自身で過剰と思われる支出項目を削減していっても構いませんが、私の経験からするとご自身で家計の見直しを行って、家計支出を削減することはなかなか思うようにはできないものです。

よって、多少の費用はかかってしまいますが、ファイナンシャル・プランナーなど専門家のアドバイスを受けながら無理のない範囲内で、少しずつ家計を見直していく方が実効性は高いと考えます。

将来、予定しているライフイベントやそれにかかる費用がこれだけ明確化されているのですから、ひとつでも多く実現していただくためにも、資金対策も含めて専門家にアドバイスにアドバイスを受けていただくことをおすすめします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

貯蓄アドバイス

マネー 家計・ライフプラン 2009/09/26 01:37

 【収入】
夫(50歳) 手取り 1000万(月556000円・ボーナス333万円)
妻(45歳) 手取り  300万(月250000円・ボーナス  0万円) 
 収入計       1300万(月806000円・ボーナ… [続きを読む]

kakeiminaosiさん

このQ&Aの回答

将来計画としてお答えします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/26 09:41
ライフプランをつくられませんか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/26 09:42
貯蓄アドバイス 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/26 11:16
キャッシュフロー分析  小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/27 17:41

このQ&Aに類似したQ&A

高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
不妊治療者のためのライフプラン ちび牛さん  2008-02-28 14:33 回答2件
マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件