住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/09/25 10:06

ちっちーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『現在の低金利や住宅ローン減税のことを考えると、がんばって今購入すべきか、あと3〜4年間は頭金を貯めるべきか』につきまして、
・現在の社宅にあと4年間は、月々17,000円の負担で住み続けることができるということ。
・ライフイベントとして、現在0歳のお子様がいて、さらに再来年あたりにもう一人ご希望ということ。
などの点を考慮した場合、たとえローン金利が低い点、また、基本的には所得税額控除にすぎない住宅ローン控除の適用の点を考慮しても、今のタイミングで住宅ローンを組んで住宅を購入するよりも、少しでも長く社宅に住み続けて貯蓄をしていった方が、家計負担は少なくて済むものと考えます。

例えば、借入金額3,300万円につきまして、ローン金利3.0%・35年返済とした場合、毎月の返済額は127,000円ほどとなります。

現在の支払い家賃が月々17,000円の負担ということですから、毎月の住居費用が今の7倍以上になってしまいますので、家計管理の方法も大幅に見直す必要がありますし、毎月の積み立ても場合によっては難しくなってしまう可能性もあります。

よって、社宅に済むことができるこれから四年間、しっかりとお金を貯めてから住宅を購入した方が、お子様のことでも大分落ち着いている頃だと思われますし、何よりも頭金が多い分、借入金額が少なくて済みますので、その分住宅ローンの負担も少なくて済むようになります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入のタイミング

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/09/23 19:57

はじめまして。
現在、住宅購入を考えております。
収入に対する住宅ローンの割合や、購入するタイミングについて
アドバイスお願い致します。

家族構成は、
・夫(25歳) 前年度年収約530万
・妻(28… [続きを読む]

ちっちーさん (愛知県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅購入のタイミングについて 真山 英二(不動産コンサルタント) 2009/09/24 11:59
住宅購入のタイミングについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/24 18:11
3年後に後悔されるよりも! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/24 06:12
住宅購入のタイミング 鈴木 宏(宅地建物取引主任者) 2009/09/24 17:29

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの借入金額について悩んでいます nao122123さん  2011-11-25 07:11 回答3件
変動金利か固定金利かミックスか olibeさん  2009-10-02 09:40 回答5件
自己資金0での住宅ローンについて yuri1206さん  2011-08-22 16:37 回答3件
住宅の購入について トトロトさん  2011-02-03 10:16 回答2件
住宅ローン olibeさん  2009-09-27 01:02 回答1件