従来からの銀行等での住宅ローンを! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

従来からの銀行等での住宅ローンを!

2009/09/21 19:40
(
4.0
)

BJ930様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、BJ930様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考:三井住友BKの9月金利)

1.BJ930様とご主人さまとのペアローン(連帯債務型)で一般的な住宅ローンを組まれた場合、
年収1,110万円(合算)、物件価格5,500万円(含む諸費用)、住宅ローン3,800万円、自己資金2,000万円、期間35年、金利3.44%(全期間固定金利型)、返済負担率(〜35%以内)、他の債務考慮せず。

・毎月の返済額  155,732円
・年間の返済額1,868,784円
・返済負担率 16.84%

2.もしも、将来BJ930様がご家庭に入り、ご主人さまのみの収入で返済を続けられても対応可能と考えます。

3.ミックスローンとするメリットとしては、

・変動金利型や短期固定金利型では、長期固定金利型よりの低い金利を活用して返済の促進。
・変動金利型や短期固定金利型では、金利が下がる時期に長期固定金利型へ変更。
等が考えられます。

4.ネット銀行でのローン取扱は、形にはまったパッケージ商品と思いますので、従来の銀行等での住宅ローンとは異なり対応する範囲が狭いかもしれません。

5.上記を纏めますと、従来からの銀行等での住宅ローンを長期固定金利型で申込されることをお勧めいたします。

以上

補足

BJ930様へ
FP事務所アクトの山中でございます。
BJ930様からのご質問につきまして、ご参考としてお応えさせていただきます。
(ご参考)
1.将来のことに確定(確実)と言うことは不可能ですが、私が三井銀行に入行した昭和40年後半は経済が活発に動いており、住宅ローン金利(主に変動金利)が8〜9%の時代があった記憶があります。その点を考えれば、今後経済が活性化すれば金利も連動して上昇してもおかしくないということです。

2.金利以外のリスク(懸念すること)につきましては、
・BJ930様とご主人さまの収入が今後とも安定していくこと。
・BJ930様とご主人さまが健康で生活されること。
等々のライフサイクルに重大な変動がないことと考えます。

3.借入金額の割合は将来のことを考慮して、ご検討されてはいかがでしょうか。

以上

評価・お礼

BJ930 さん

早速のご回答ありがとうございました。

長期固定金利が良いとのことですが
間違いなく金利が上がるから
ということなのでしょうか?

変動にも振って、繰上げ返済したいと考えていますが
この場合、金利の変動以外に何かリスクがありますか?
また、主人と私の借り入れ額の割合はどの位に
するのが良いのでしょうか?

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地購入・注文住宅のローンの組み方について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/09/21 14:01

2年ほど前から土地を探し、やっと気に入った土地がみつかりました。
土地代+建築費で5500万(諸費用込)の予算です。
自己資金として、2000万円までなら準備することができます。
夫婦共… [続きを読む]

BJ930さん (神奈川県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/23 18:21

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン返済に不安が・・・。 yuzu1104さん  2007-09-30 04:10 回答1件
フラット35Sの返済期間について迷っています momoguriさん  2013-02-22 06:56 回答2件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件