暦年課税と相続時精算課税があります。 - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暦年課税と相続時精算課税があります。

2009/09/18 18:29

dragonfish さん
こんにちは。税理士の大黒崇徳です。

贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つありますが、「暦年課税」でしたら、贈与税は183万円になります。

また、「相続時精算課税」とは、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、お父様が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めたその贈与税相当額を控除する制度です。

「暦年課税」は基礎控除110万円ですが、「相続時清算課税」は基礎控除2,500万円になります。
従いまして、「相続時精算課税」を選択した場合、贈与税はかかりません。

ただし、「相続時精算課税」は、一定の要件があり、65歳以上の親から20歳以上の子供に対するものに限られ、一度選択すると選択した年以後、お父様が亡くなった時まで継続して適用され、暦年課税に変更することはできませんので、選択にあたっては注意してください。

なお、売買は通常時価で行います。
もし、時価よりも低い価額で売買が行われれば、その差額は、贈与が行われたとみなされ、贈与税がかかることもあります。
また、時価がお父様が取得された価額より高ければ、お父様に譲渡所得がかかります。

もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

親の株式 贈与か売買か

マネー 税金 2009/09/18 17:32

☆☆株式の贈与について☆☆

お世話になります。
皆様ご教示くださいませ。

この度、父から私個人へ株式(額面株式)を贈与されることとなりました。
時価は約880万円です。これに対して贈与税はどのくら… [続きを読む]

dragonfishさん (秋田県/25歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税の対象になるのでしょうか。 クリームパフさん  2015-10-01 08:32 回答1件
生前贈与をした不動産の税金申告について悩んでいます rainbowcolorさん  2013-03-04 14:23 回答1件
確定申告が必要か否かを教えていただきたいです satoyamaさん  2016-10-17 13:38 回答1件
夫婦間の贈与税について 田中ですさん  2015-01-11 15:59 回答1件
夫婦間の資金移動による相続税について kani55さん  2014-11-19 19:38 回答1件