住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/09/19 09:11

Yoshicaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

質問1について
手取り月収金額に占める住宅ローンなどの住居費用の負担割合の目安としては、28%ほどを限度としてください。

負担割合が30%を超えてしまうと、住居費用が家計を圧迫することになります。

質問2について
将来予定しているライフイベント資金に支障をきたさない範囲内で、積極的に繰り上げ返済を行うようにしてください。

特に繰り上げ返済につきましては、繰り上げ返済資金は借り入れ元本にのみ充当され、それに対応するローン利息をそっくりそのまま差し引くことができますので、毎月の返済額に占める借り入れ元本の割合が高い、返済当初ほど繰り上げ返済の効果も大きくなります。

質問3について
別途、お問い合わせください。

その場合、有料相談になってしまう場合もありますので、予めご承知おきください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

至急:住宅ローンと社宅の支払いが可能か?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/09/16 14:51

妻の実家が破損し、以下の内容で2世帯に立替をしました。

住宅ローン
 当初2500万円借り入れ、公庫フラット(金利当初10年2.0%11年目4.0%)
 現在返済11年目。残債役1800万円です。返… [続きを読む]

Yoshicaさん (神奈川県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

ご質問について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/16 15:00
住宅金融支援機構にて期間延長等の! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/17 07:34

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
自己資金0での住宅ローンについて yuri1206さん  2011-08-22 16:37 回答3件
住宅ローンの兄弟間売買、審査について kumasan0904さん  2012-04-30 00:23 回答1件
巨額の住宅ローン借り入れについて おひさまかぞくさん  2008-12-17 18:43 回答2件
資金計画について Godzillaさん  2008-06-17 15:57 回答1件