「代行手数料のみ」,が売上になります。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

「代行手数料のみ」,が売上になります。

2009/09/15 15:43

結論から申し上げますと、「代行手数料のみ」が売上になります。

 支払代行ということは、お客様が支払うべき金額を先に入金していただき、それを元に支払業務をされることと思われます。逆の場合もあるかもしれませんが、会計処理としては、お客様が支払うべき金額を受け取った段階では預り金(または仮受金)となり、実際に支払った段階で、預り金(または仮受金)が減少することになります。
 よって、代行の取引の場合、代行手数料というサービスの対価が売上となり、代行金額については売上に含まれません。

 例えば、宅急便の会社が行っている代金引換取引についても、商品を引き渡した際に回収した金額(商品代金+手数料)を売上としているわけではなく、手数料部分のみが売上に計上されています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

支払代行取引の売上計上

法人・ビジネス 会計・経理 2009/09/14 15:24

お客様と搬入業者の取引における『支払の代行』を3者契約し、
その代行手数料を別途請求(お客様)する場合、
売上の計上は、どのようにしたらよろしいのでしょうか?
?代行金額+代行手数料
?代行手数料のみ
?どちらも許される

unnchikuさん (千葉県/57歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

システム開発での源泉徴収 naboyamaさん  2008-08-07 03:38 回答1件
業務委託契約の経理仕訳について debirumanさん  2013-02-19 16:20 回答1件
20日締めの売上処理について kimura316さん  2009-02-25 15:50 回答1件
源泉徴収 レッズさん  2008-12-03 19:27 回答1件
減価償却資産の取得価格の考え方について Cathさん  2008-01-24 17:51 回答1件