相続時精算課税:贈与者より受贈者が先に死亡した場合 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続時精算課税:贈与者より受贈者が先に死亡した場合

2006/03/31 14:07

相続時精算課税制度の適用を受けるには「相続時精算課税制度選択届出書」の提出が必要になりますが、この届出書提出後に受贈者が贈与者よりも先に死亡してしまった場合は、以下の通りとなります。

受贈者が贈与者よりも先に死亡した場合、その贈与財産は、死亡した受贈者の法定相続人がその相続割合に応じて相続時精算課税制度の適用を受けることに伴う権利・義務を継承することになります。
今回のご質問のケースの場合、相続時精算課税制度で受贈した2000万円に関しては、あなたが死亡した時点では、法定相続人である奥様に(お子様がいらっしゃる場合にはお子様にも)税金がかかることはありません。しかし、贈与者(お父様)が亡くなられた時点で、受贈した2000万円は相続財産に持ち戻されて、相続税計算が行われ、相続税がかかることもあります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時精算課税;贈与者より受贈者が先に死亡した場合

人生・ライフスタイル 遺産相続 2006/03/28 22:35

■現状
住宅の相続時精算課税制度を利用し、父より2000万円の援助を受けマンションを購入(物件価格4500万円、ローン残高1500万円)。またマンション保有権利者及びローン債務者は… [続きを読む]

neruさん (東京都/29歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

親からの援助で住宅を購入の場合、支払う税金 ゆきゆきjpさん  2010-03-26 08:02 回答1件
贈与と税対策 BAROさん  2009-11-09 16:40 回答1件
住宅ローンの連帯債務を借り換えで一人の債務にした時 ふみさんさん  2009-10-24 09:57 回答1件
両親からの贈与と夫婦共有名義の割り合いについて uguさん  2009-06-09 11:37 回答1件