住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/09/04 16:25

みーこ1109さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『住宅購入について悩んでいます。』につきまして、通常、住宅を購入する場合、頭金として物件価格の20%相当額プラス諸費用は予め用意してから、住宅を購入するようにしてください。

頭金を十分に用意することができないと、借入金が多くなってしまいますので、当然ですが毎月の返済額も増えてしまいます。

よって、みーこ1109さんの場合、頭金と諸費用の分として600万円を丸々取得の為の費用に充当することになってしまいます。

また、住宅ローンを組む場合、ほぼ毎年のように繰り上げ返済が可能ということでしたら、ローン金利も低くて済む変動金利や短期固定金利で住宅ローンを組むことになります。

ただし、更新の時期が短いためその都度ローン金利の見直しも行われるため、返済の途中でローン金利が上がってしまい、毎月の返済額が増えてしまう可能性があります。

よって、変動金利や短期固定金利を選択するためには、収入のうえである程度余裕がないと難しいと考えます。

この場合とは逆に、繰り上げ返済はせいぜい3年に一回程度ということでしたら、早期完済という訳には行きませんので、多少金利が高くなっても長期固定金利で住宅ローンを組むことで、返済の途中から金利が上がり毎月の返済額が増えてしまう心配がありませんので、将来のマネープランが立てやすくなります。

尚、住宅ローンを組んで毎月無理なく返済していくためには、手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、28%程度に収まるようにしてください。

住宅ローンの負担割合が30%を超えてしまうと、思うように貯蓄が出来なくなってしまい、将来予定しているライフイベント資金にも支障をきたす可能性があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンを組むべきか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/09/03 17:02

住宅の購入について悩んでおります。
ご指導宜しくお願い申し上げます。

<家族構成>
夫(26歳):年収約420万円
妻(26歳):専業主婦(来年4月に第一子出産予定)

現在の住宅:家賃7.3万円(共益費・… [続きを読む]

みーこ1109さん (奈良県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/03 18:11
住宅ローンお借入限度額につきまして! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2009/09/03 18:36
住宅ローンを組むべきか 鈴木 宏(宅地建物取引主任者) 2009/09/06 16:59

このQ&Aに類似したQ&A

社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
購入しても大丈夫でしょうか? matya41さん  2010-06-23 17:10 回答8件
10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
住宅の買換えとローンについて ベンジャミンさん  2009-03-30 20:26 回答2件