至急対処を - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

至急対処を

2009/09/03 10:00

いくらちゃんさんんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡と申します。

設計事務所の設計ではないのでしょうか。
SE構法は、NCNが開発した特殊木造骨組です。柱梁ジョイントを金物で剛性強度を持ち、耐震性を確保しながら耐力壁を減らす事ができます。
このため、間取りの自由度が増し、柱梁ジョイントがきれいで、現しに適する等のメリットがありますが、在来構法よりコストが高いので、設計者の後押しがあると思いますが。
設計者がいれば、この件で関与していないのでしょうか。


雨漏りが原因ということで、施工会社は、雨漏り修理と腐食した''構造体を「原状復帰」''すべきです。
通し柱まで腐食し、原状復帰にはスケルトンリフォームのようなこととなり、大きなコストがかかるため、付け焼き刃的改修を実行したと思われます。

百歩譲って、原状復帰でなく、別の構造改修をするとしても、構造専門家による改修プランを作り(特殊構法なので、NCNの協力は必須)いくらちゃんの了承を得た上で進まなければいけませんが、そのような手続きはとられましたか。

業者が「これで良いのです」ということですが、良いかどうかを判断するのは、あなたです。


文面からは、構造改修内容はかなり不適切と思われますので、現在工事中なら、即刻ストップさせて下さい。
至急第三者の、信頼できる構造専門家に依頼し、対策を講じて下さい。

改修工事を始めてしまった現在では、その他に、強制執行の力を持つ機関(市役所、消費者センター、消費者庁、国交省等)のバックアップが必要かと思います。

参考にしていただけたら幸です。

パルティータ建築工房サイトはこちら
東京都中野区の建築設計事務所 注文住宅/二世帯住宅/リフォーム

住宅の疑問にこたえる、「住宅こたえるね!ット」はこちら

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

SE構法の駆体補修について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/09/02 12:37

 SE構法で建てましたが、雨漏りがひどく通し柱や梁が腐蝕してしまいました。建物は、集成材金物工法とパネル工法に断熱材を入れたものだとおもいます。屋根は金属屋根で軽いです。
 業者の責任で補修をし… [続きを読む]

いくらちゃんさん (大阪府/39歳/女性)

このQ&Aの回答

SE構法の本社(?)に確認を 志田 茂(建築家) 2009/09/02 14:00

このQ&Aに類似したQ&A

鉄骨構造の耐震 jonsuさん  2011-05-24 20:27 回答2件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件
屋根の防水について pep25さん  2013-01-14 00:56 回答1件
軒・ケラバのない家について あつし3さん  2012-12-13 00:26 回答1件