私のコラムにも書いたかと思いますが、 - 菅野 庸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私のコラムにも書いたかと思いますが、

2009/08/28 16:00
(
5.0
)

他の方にも回答で書いたことがありますが、今の薬で副作用があるかと言えばあるし、
風邪薬でもあるわけです。
まったく服薬していない方でも、奇形などの胎児への影響はけっこうあります。
ですので、今の薬が止めることができないのであれば、子供がほしい気持ち、
もし問題がある子どもが出産した場合どうなのかをよくご主人とご相談ください。

危険率が上がるといっても、すべてに当てはまるわけではありませんし、
現に、当院の関係では、見た限りの奇形はない子供たちが生まれています。

どのくらいあなたが子供がほしいか、ご主人となる方がどう考えるか、
それだけです。

妊娠関して、医師が止めたほうがいいという場合もありますが、
その責任は取らないわけで、命を授かるということに関しては、
あなた、ご主人となる方、両者が最終決定すべきことでありますので、
私はいつもここに書いたことをお話しています。

評価・お礼

sakura32 さん

適切なアドバイスありがとうございます。

そうですよね。
命を授かることの大切さ、そしてその責任は親となる私達が十分に話し合って答えを見つけるべきですね。

妊娠、出産は大きな喜びであると共に
母体に及ぼすリスクや、問題のある子供が生まれるリスクも含め大きな視野で見つめなくてはなりませんね。

でもやっぱり女性として生まれて、女性にしかできない
新しい命を育てるという喜びを、どうしても実現したい
という気持ちを大切にしたいので、今後夫とも、主治医ともよく相談して自分が納得のいく選択をしたいと思います。

またわからないことがありましたら、アドバイスを頂けたらと思います。

本当にありがとうがざいました。

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
( 宮城県 / 医師(精神科) )
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

妊娠と精神科の薬について

心と体・医療健康 精神疾患治療 2009/08/27 18:12

6年前前うつ病と診断され精神科へ現在も通院しています。
強いうつ的な症状はなくなり不眠の症状だけが続いています。
抗うつ薬(ジェイゾロフト)の投与は1年位前から止め、現在はセロクエル150?、… [続きを読む]

sakura32さん (北海道/32歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

うつ病の主人の投薬が多量で心配です LA Mommyさん  2007-08-07 14:43 回答1件
広汎性発達障害、摂食障害、強迫性障害の治療 ぴよ2さん  2007-05-06 16:55 回答1件
心療内科の診察内容について camishaさん  2009-08-27 15:46 回答1件
適応障害の治療について honeybabyさん  2011-03-16 21:25 回答1件
精神科を受診したほうがいいか迷っています。 mizumizuさん  2010-06-02 17:48 回答3件