偽装請負が疑われるケースだと思われます - 水嶋 一途 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

偽装請負が疑われるケースだと思われます

2009/08/13 16:27

nobumiyaさん、こんにちは。
弁護士の水嶋一途です。

ご質問のnobumiyaさんのケースは、請負契約で契約しているとはいえ、その実態は請負先と直接の雇用関係にあったと判断されてもおかしくないケースだと思います。
これはいわゆる「偽装請負」といわれる問題の一つです。
このケースでは、契約当初から契約期間3ヶ月の有期雇用契約(労働契約)が成立しており、契約期間満了の都度、同条件で契約が更新されていたと考えることができると思われます。

有期雇用契約(労働契約)が反復継続して更新されている場合には、労働者には契約更新に対する期待権が生じますから、会社側が契約期間満了で更新を拒絶するためには、解雇に関する法理が類推適用され、会社側は更新拒絶するだけの合理的な理由がなければ、更新拒絶は無効とされます。
また、契約期間満了により更新をしない場合には、少なくとも30日前までにその予告をしなければいけません。


近時偽装請負に関する問題意識は非常に高まっており、労働局や労働基準監督署も是正指導に力を入れています。
偽装請負に関するより詳しいご相談については、直接お問い合わせいただきたいと思います。
少しでもnobumiyaさんのご参考になれば幸いです。

◆◆・・・・・・       ・・・・・・◆◆
弁護士相談なら一途総合法律事務所(東京都港区南青山)
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-1
パークアクシス青山一丁目タワー1009
TEL:03-3470-3311 FAX:03-3470-3377
HP:http://www.ichizulaw.com/
◆◆・・・・・・       ・・・・・・◆◆

回答専門家

水嶋 一途
水嶋 一途
( 東京都 / 弁護士 )
一途総合法律事務所 弁護士
03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

高品質のリーガルサービスで依頼者の利益を護り抜きます

依頼者のお話をじっくり伺い、問題点、解決方法、費用などを、わかりやすく丁寧に親身になって説明いたします。そして、高品質のリーガルサービスで最善の結果が得られるように、常に依頼者の立場に立って問題解決にあたります。ぜひお気軽にご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

契約更新について

法人・ビジネス 企業法務 2009/08/12 04:11

3ヶ月毎に自動更新で2年間続けた請負契約の契約終了について

契約形態は、請負となっていますが、
・仕事の依頼や業務の指示などを許諾する自由がない
・業務を行う上で指揮命令を受けている
・時間的に拘束… [続きを読む]

nobumiyaさん (千葉県/40歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

業務委託契約解除後の問題です。 kusukusuさん  2009-05-17 21:27 回答1件
自動車保険に強制的に加入 軽井沢さん  2010-10-05 21:23 回答1件
業務委託基本契約書のある事項についての、合法性 ベンチャー役員さん  2014-07-11 01:35 回答1件
取引先からもらう見積書の有効期限記載要否 コンプラインスさん  2014-06-12 14:26 回答1件