このコーナーによる質問有難うございます。 - 深澤 熙之 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

このコーナーによる質問有難うございます。

2009/08/25 10:00

こんにちは、DOSANKO様

外壁及び屋根の外断熱リフォームを専門にしております。深澤 煕之です。

回答が遅くなりましたがお答えをさせて頂きます。

質問の内容から壁面が波打っていますという事なのですが、実際にどのような仕上がり感なのか?デザイン上でそのように見えるのかわからないのですが、

通常ですと波打っている状態に見える外壁材は見た事がございませんので、本来平面まっすぐのはずが、そのように見えるという事は下地の段階で波を打ってある状態なのそのようになったという事でないかと思います。

きちんと平面をまっすぐに施工をするという事は施工品質の問題です。

下地工事の段階でレベル調整プレートというものを使用して壁面からの出幅を壁面の面がまっすぐになるように調整していく方法があるのですが、その調整レベルプレートとうものがあるという事を知らない外壁業者の場合は木をスペンサーにして壁面からの高さを調整していくようです。

そいった事をきちんとしているかどうか? 手抜きでそういった事をしないで施工したのか?

そういった事も知らなく(所謂、施工技術が低レベル)施工したのか?

最近では新築住宅におけるモルタル壁の壁面の波打ちにおけるモルタル壁の不具合現象における、施工会社と施工主との紛争も数多くあるのも事実で泣き寝入りをしている施主様も数少なくはありません。

施工後の住宅保証の件もあると思いますので、施工会社のほうに率直に質問して、納得のいくような回答が返ってくるのか?
または、きちんと良心的な対応をしてくれるのか? じっくり話されたら宜しいかと存じます。

もし、納得がいくような回答が返ってこなかったら、その外壁を製造している専門のメーカーまたは専門の施工会社に聞いてみる事も一つです。

参考になる回答になったはどうかはわかりませんが、住宅を建てた建築会社のほうで今後どのような部分まで保証をして頂けるのか?

補足

確認をされたほうが良いのではと存じます。

追記:今回はガルバリウム鋼板の下地に不具合があると推定しての回答になりました。

深澤 煕之 拝

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
( 埼玉県 / 建築プロデューサー )
昭和アルミ株式会社
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

外壁のタイルについて

住宅・不動産 エクステリア・外構 2009/08/09 12:04

新築の外壁ほ張りが終了しました。

今日、昼に確認しましたら壁面が波打っています
これは仕方がないのでしょうか?

手法は下地(ガルバ二ウム)に2丁タイルを引っ掛ける
タイプです。

目の錯覚ですか?
それとも仕方がないことですか?
下手なだけですか?

ご意見を頂きたいので、宜しくお願い致します。

DOSANKOさん (北海道/40歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

レンガタイルの目地について momonga2008さん  2008-11-26 11:58 回答1件
道路に面した掃き出し窓前の外構 念願の家作りさん  2015-05-04 23:02 回答1件
スタイリッシュな擁壁について sirakosanさん  2012-11-25 02:32 回答1件
床タイルの「ばり」について 元ぶたおさん  2011-03-22 13:13 回答2件
外壁で悩んでいます sweet_sweetさん  2011-03-06 14:39 回答1件