総合的な判断を、 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

3階建住宅の高さ

回答数: 4件

OSB合板について

回答数: 5件

準耐火構造の浴室

回答数: 4件

閲覧数順 2017年03月23日更新

野平 史彦

野平 史彦
建築家

- good

総合的な判断を、

2009/07/31 09:56
(
5.0
)

yokochinn様

住宅の基本性能面をハード、仕上げ面をソフトとすると、
A社はハードが弱く、ソフトが強い、
B社はハードが強く、ソフトが弱い、
といった感じなので、確かに悩みどころだと思います。

断熱の問題は、新省エネと次世代では、明らかに次世代の方が上ですし、
セルロースファイバーは密度が高いので、次世代基準以上の性能を持ち、内部結露に対する安全性も高いと言え、反対にフォームライトSLは、あなたが心配しているような懸念は確かにあります。
これは、防湿フィルム張りをどれだけきちんと施工できるかにかかっていますが、きちんとやっていれば問題は少ないとも言えます。

問題は断熱の面だけのことではないので、竣工後、住み始めた後もメンテナンス等、きちんと対応してもらえる事等も含め総合的に判断されたらいいのではないでしょうか?

評価・お礼

yokochinn さん

こんにちは、
回答、ありがとうございます。

なるほど・・ハードとソフトですね。
よくよく検討しました。
やはり、ハードにまず優先順位をおいていきたいと思いました。
メンテや予算のことなど、諸々総合的に考え、
B社に設計施工して頂くことにしました。

壁などに関しては出来る限り健康素材をセルフビルドでやっていこうと思います。

とても参考になりました。
ありがとうございました。
良い家が建つとよいです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

断熱材

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/07/29 13:09

こんにちは。
新築を考えており、お陰さまで色々あって2社まで絞り込めましたが
どちらにするか迷っています。

A社(在来工法+モイス)はフォームライトSLを新省エネ基準レベル厚みでの吹き付け(室内壁は石膏ボード+珪… [続きを読む]

yokochinnさん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

二重の防湿シート施工の効果について ちゅうさん  2007-08-30 10:11 回答3件
フラット35Sの適合条件 みーちょさん  2010-09-04 06:35 回答1件
寝苦しい夏季の屋根裏遮熱対策 キョロ@さん  2009-10-10 23:47 回答2件
省エネについて yokochinnさん  2009-06-22 05:24 回答5件
断熱材 kei4085jpさん  2014-03-29 10:31 回答1件