歯を動かす矯正歯科治療後のリテーナーについて - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

晝間 康明

晝間 康明
歯科医師

1 good

歯を動かす矯正歯科治療後のリテーナーについて

2009/07/27 08:20

こんにちは,東京都立川市ひるま矯正歯科の晝間康明です.

リテーナーはブラケットを装着して歯を動かした状態を保ち安定させる治療である保定(ほてい)治療で用いる装置です.

保定期間中に歯並びや噛み合せを安定させる事が矯正歯科治療の真の目的となるため,多くの矯正歯科医院でリテーナーの重要性を説明されたものと思われます.

保定装置には取り外し式の保定装置と固定式の保定装置がありますが,上顎には取り外し式,下顎には固定式の保定装置を装着する事が多いです.
取り外し式の保定装置のメリットは,食事や歯ブラシの際に取り外す事で口腔内の清掃がしやすくなり口腔内を清潔に保てる事です.一方,固定式の装置は取り外せないために保定期間中の歯の移動が最小限になるのですが装置周辺に細菌が溜りやすく歯肉炎を起こしやすくなる事がデメリットとなります.
材質による違いは見た目によるものが主で,保定効果には大きな差はありませんが咬合面をリテーナーが覆わないタイプの方が良いと考えています.

保定装置の期間は殆ど必要ないと言う報告から,一生使わなければならないと言うものまで様々あります.しかし,一生保定装置を付けておくと言うのは虫歯や歯周病のリスクを高めてしまう,患者さんの負担が増す事などを考える問題がありますので通常は2年前後の装着となります.
保定期間に歯並びや噛み合せが安定するかどうかの要件は,保定装置の種類よりも歯を動かす治療の診断が適切であったか,治療の仕上がりがきちんとしているかの方が重要ですので,条件が満たされていれば矯正歯科担当医は質問者さんが御希望のリテーナーを使用してくれるかもしれません.

保定に関しては,文字数の関係で充分説明できませんので当院の下記ページをご覧下さい.

ひるま矯正歯科ドキュメンタリー矯正治療→http://www.hiruma.or.jp/html/documentary/28.htm

以上,参考になれば幸いです.

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

歯列矯正時のリテーナーと保定期間とについて

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/07/26 13:57

上下裏側からの歯列矯正(初矯正)を考えています。
数件の矯正歯科にご相談させていただき、歯列矯正では装置を外した後の保定が非常に大切とお聞きしました。そこで教えてください。
1… [続きを読む]

azusa200さん (東京都/34歳/女性)

このQ&Aの回答

リテーナーと保定期間とについて。 Dr.TSUBAKI(歯科医師) 2009/07/27 10:50
Re:歯列矯正時のリテーナーと保定期間とについて 堀内 晃(歯科医師) 2009/07/27 12:02
Re:歯列矯正時のリテーナーと保定期間とについて 小谷田 仁(歯科医師) 2009/07/29 14:04

このQ&Aに類似したQ&A

神経を抜くと歯は腐る? 主婦さん  2014-01-30 09:29 回答2件
上顎洞に接する根尖病巣の治療について じゅうたんさん  2008-11-07 09:27 回答1件
歯列矯正の後戻りの費用 いいたがさん  2008-11-02 10:03 回答4件
受け口を自力で止めた 軽症受け口治療方法は? retri67さん  2008-10-25 10:34 回答4件
前歯が1本だけ出っ歯です アバリシャンさん  2008-09-09 02:21 回答4件