屋根に沿って、断熱層で覆う - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根に沿って、断熱層で覆う

2009/07/22 10:03

19671102さんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

屋根裏収納の設置は、どのような形を考えられているでしょうか。
現在、2階の天井は水平ですよね。

A)屋根なりの勾配天井として天井を高くし、屋根裏収納スペース(ロフト)を確保する
B)水平の天井に開口を開け、文字通り、屋根裏空間に収納

天井下地は普通石膏ボードで強度がなく、天井吊材も不足なので、B)で収納するには、天井やり替えとなります。

以下、A)としてお話しします。

2階が水平の天井では、断熱層は天井のすぐ上にあることが多いです。
屋根なりの天井にするためには、屋根に沿って断熱をやりかえる必要があります。

ここで重要なことは、外壁から連続して断熱層ですっぽり屋根を覆うことです。
断熱のすきま(ヒートブリッジ)があると、熱が入ってしまいます。

夏場、屋根の表面温度は、60〜70℃に達します。
天井頂部は、屋根温度と室内温度の中間の温度で、断熱がきちんと施されれば、室内温度に近づきます。


屋根表面温度がとても高いので、いづれにしても、2階天井頂部は温度が高くなりがちです。
温度を下げるには、頂部に換気扇を設け、外部に排気するのが最も効果的です。

この方法は、2階居住空間の気温も下げることができます。

参考にしていただけたら幸です。

パルティータ建築工房サイトはこちら
東京都中野区の建築設計事務所 注文住宅/二世帯住宅/リフォーム

住宅の疑問にこたえる、「住宅こたえるね!ット」はこちら

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

屋根裏収納について

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2009/07/22 07:59

リフォームをする際、屋根裏収納を設置しようと考えています
屋根裏収納で心配なのが屋根裏の温度なのですが、夏場の屋根裏の温度はどれくらいになりどんなものなら収納できるのでしょうか。
それと、屋根裏の温… [続きを読む]

19671102さん (神奈川県/41歳/男性)

このQ&Aの回答

遮熱環境を整えましょう 小浜 貴士(建築家) 2009/07/22 09:55

このQ&Aに類似したQ&A

ガルバリウム屋根 30年以上経つとどうなりますか ぴこにゃんさん  2012-12-13 19:41 回答2件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
地震で壊れた家の診断・修理と建てかえについて t_stellaさん  2011-03-19 12:26 回答4件
天井断熱から屋根断熱にしたいのですが、、 do it ysさん  2011-03-01 00:07 回答2件
鉄筋コンクリート住宅の屋上の防水について 鉄筋ってさん  2016-09-28 23:07 回答1件