現在の案は贈与にあたります。 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

現在の案は贈与にあたります。

2009/07/16 14:18
(
5.0
)

イマフクレディ 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピー の吉野充巨です。


単に、お母様が購入された物件をイマフクレディ様の名義として登記する場合、お母様からイマフクレディ様への贈与にあたりますので、贈与税という問題が発生します。

素直に考えれば、お母様の名義にされ、相続の開始時に弟さんと協議の上イマフクレディ様が相続することがスムースです。または、お母様が遺言書で当該マンションをイマフクレディ様に遺贈する様が通常です。

お母様の資産がどの程度かが分かりませんので、お勧めづらいのですが、相続時精算課税制度の活用という方法もあります。また、弟さんの了解も得ておくことが望ましい案です。

これは、イマフクレディ様の居住用家屋を購入するにあたって、お母様が金銭を生前贈与することで、当該マンションの名義はイマフクレディ様のものとする方法です。
相続時精算課税制度の非課税枠は2500万円、住宅購入の特例で1000万円までが非課税、あわせて3500万円が非課税になります。

そして、本年新設された住宅購入の特例(平成22年まで)、直系尊属からの贈与は非課税枠500万円も合わせると、4000万円までは税の支払がありません。

ただし、相続時精算課税制度は一度選択すると相続開始までの間、この制度を利用しなければなりません。今後の生前贈与では非課税枠を超える分に20%の贈与税が発生します。
また、相続時には生前贈与の額と相続開始時の額をあわせたものが相続税の対象になり<精算を行います。
従いましてお母様の資産額等によっては、必ずしも有利な方法とは限りません。

詳しくは下記をご一読ください
相続時清算課税制度のあらまし
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

評価・お礼

イマフクレディ さん

適切な回答で理解しやすかったです。
有難う御座いました。
このようなサイトがある事を知り、とても心強いです。今後とも、宜しくお願いします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

母親を引取ります

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/07/16 12:04

私と同じ場所の中古マンションを母親が買い取り住みます。
ゆくゆくはマンションも相続することになりますが、購入時の名義は将来の手続が要らないように私の名義にしておきたいのですが、問題ありますか?それとも… [続きを読む]

イマフクレディさん (大阪府/55歳/女性)

このQ&Aの回答

母親を引取ります 2009/07/16 14:59

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与のアンバランスについて かぴばらさん  2013-09-19 00:56 回答1件
親からの援助で住宅を購入の場合、支払う税金 ゆきゆきjpさん  2010-03-26 08:02 回答1件
生前贈与手続きについて教えてください A・Sさん  2010-01-26 12:03 回答1件
遺産放棄について t.tsuruさん  2008-07-28 16:33 回答1件