現在の積み立てを継続しましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

現在の積み立てを継続しましょう

2009/07/12 18:02
(
5.0
)

n8g2009さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

現在必要のない死亡保障付の保険で貯蓄を兼ねるのはお勧めできません。
死亡保障が必要な方で、ある程度の貯蓄性を求めるのであれば、一般の終身保険よりも保険料が安い分お得ですが・・

なくなったら1000万円が出るわけですから、その分の保険料の除いた分しか貯蓄にならないものです。必要でないものにお金をかけることはないでしょう。 

長割終身とは保険料払込期間中の解約返戻金を抑えてあるので、その分保険料は安いのですが、もしかしたら、40歳までに解約するようなこともあり得るかもしれませんよ。

これから結婚して子どもができるとマイホームもほしくなるかもしれませんね。
ライフプランが確定していない今、中途解約で元本割れがしてしまうような金融商品はやめたほうがいいと思います。

そういう意味では利率変動型終身保険も個人年金も同じです。

現在積立投資信託もしていらっしゃるようですので、それを長期の資産形成とすると、あえて保険での資産形成は必要ないでしょう。
5本のファンドで分散されているかと思いますが、保険商品は日本債券型に分類されます。
株式型や海外債券型と比べると利回りは低いですね。

現状の積立額を減らしてまで、貯蓄性のある保険に加入する必要はありません。
積立定期と投信積立をそのまま継続することをお勧めします。

評価・お礼

n8g2009 さん

保険商品の中身(何で運用しているか)まで考えていませんでした。今、あせって資産形成の中に死亡保障を入れることもなさそうです。ありがとうございました。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」について。

マネー 保険設計・保険見直し 2009/07/12 17:31

25歳・女性・会社員・結婚の予定はまだありません。親姉妹と同居です。
今まで病気やケガ等なく健康に過ごしてきましたが、最低限の保険は加入しておくべきと考え、CURE LADY(… [続きを読む]

n8g2009さん (茨城県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

保険は貯蓄では無く保障です。 植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー) 2009/07/12 19:02
保険会社で買うのは保障です! 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2009/07/12 19:39
生保加入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/07/13 09:29
既に資産運用をされているので・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2009/07/12 19:10
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2009/07/13 08:38
終身保険の目的 2009/07/15 09:41

このQ&Aに類似したQ&A

第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
夫婦(子供なし)の保険見直しを考えています。 すかいぴあさん  2013-06-17 17:47 回答1件
保険の見直しについて sumaeさん  2009-07-26 17:17 回答7件
DINKsの保険について さくら0000さん  2016-08-24 16:27 回答1件