単純に - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

単純に

2007/05/07 13:08

初めまして。優遇が全期間続くものであると仮定して、同内容の借入であれば、1.2%>1.1%(0.8%+0.3%)という計算ではいけないのでしょうか?

4000万円の0.1%は4万円ですから、1.2%優遇は4万円×12=48万円負担減に対し、0.8%優遇は同32万円負担減と0.3%の利息補填12万円を足して44万円の負担減。

また、会社の利息補填は会社勤続が条件であるのに対し、1.2%優遇は融通性もあります。

金利以外の部分に差がなければ、単純な結果かと思われますが、その他の諸事情があるのでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/05/07 00:01

住宅ローンの組み方について質問です。
下記の2つの場合、どちらが有利なのでしょうか?
?不動産提携にてキャンペーン金利△1.2%
?私の勤務先の提携にてキャンペーン金利△0.8%に加え、年間-0.3%の利子補填
ちなみに、… [続きを読む]

こうめさん (神奈川県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローン 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2007/05/07 12:26

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの選定について Rara0812さん  2012-01-18 14:39 回答4件
自己破産後の住宅ローン shimizuさん  2015-02-02 21:57 回答1件
フラット35ローンについて Masakariさん  2014-03-07 14:42 回答1件
どの銀行で住宅ローンを組むべきか? yustさん  2014-03-05 13:12 回答1件