引越と引渡しのタイミングについて - 真山 英二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

引越と引渡しのタイミングについて

2009/07/06 21:53

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

居住中の物件を売買する場合に、
引越よりも先に決済(所有権移転を伴う)を行い、
決済後の引渡し猶予期間中に売主が退去するケースが
よくあります。

その際に決済日から、実際の引渡し日までは、売主が使用しているので
固定資産税・都市計画税、火災保険、水道、ガス等の各種使用料等を
売主の負担とするのが一般的です。

今回のケースにおいては、
買主の都合で引越よりも決済が先行する形ですが、
その税金と保険の負担においては一般的な話だと思います。

根本的な話ですが、
明け渡しが終わってもいないのに、お金を支払うことになるので、
決済を引越よりも先行する際にリスクが大きいのは実は買主側です。

売主側としては、売買代金を全額受領している上に、
所有権のない物件をそのまま使用できるで、
何も問題はありません。
(ただし、火災保険には必ず入っている状態にしてください)

買主側としては、お金を支払っているのに、
売主に物理的に占拠されてしまう可能性があるので
実はリスクの高い行為です。
通常は、よく行われていることで特に問題は起きませんが、
悪意をもって売主に占拠されてしまった場合には、
法的に強制退去をさせることは可能ですが、
その手間と負担に関しては多大なものになります。

今回の「カフオ」さんのケースにおいて、
買主側からのお願いなので、買主が提示した日程を了承する代わりに
固定資産税・都市計画税と火災保険料を残金決済日で
精算するということを交換条件で交渉することは可能かと思われます。
しかし、特に問題がないのであれば、使用している間の
税金と保険料を負担してあげてはいかがでしょうか。

不動産の取引において、お互いが協調しながら
気持ちよく取引が進んでいくことが一番よいと思っています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

引渡しが引越しよりも先の場合の注意点

住宅・不動産 不動産売買 2009/07/06 21:05

この度、一戸建てを売却することになり、引越し日も決まりました。
今、残代金決済の日にちを決めている段階です。
残代金決済の日にちは通常引越し後だと思うのですが、買主さんの都合で引越… [続きを読む]

カフオさん (東京都/42歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入費用概算書について heroanneさん  2010-02-22 00:56 回答2件
築浅一戸建て物件の売却について megu..さん  2007-09-10 22:54 回答2件
譲渡所得に関して やたろうさん  2011-01-14 21:01 回答1件
土地購入後、家を建てるときの諸費用について ○縁○さん  2009-04-30 17:19 回答1件
不動産の売買・贈与に関わる名義変更について hitosさん  2008-06-08 16:52 回答1件