子供ひとりの家庭を前提に考えると - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供ひとりの家庭を前提に考えると

2009/07/01 13:08
(
5.0
)

こんにちは。生保16社、損保6社を取り扱う総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

お子さんがひとり出来たときの保障ということで考えてみます。そうじゃないと、今のご主人の保障金額は高すぎるからです。

お子さんがひとりいて、ご主人に万一の場合の大雑把な収支を考えます。

【収入】ご主人がサラリーマンであれば、
1.遺族年金
遺族厚生年金+遺族基礎年金:
月額12〜14万円(お子さんが高校を出るまで)
月額9〜10万円(奥さんが65歳まで)
その後、10〜12万円+α(一生涯)

2.奥さまの収入

3.会社からの弔慰金・退職金

その上で、住宅ローンがなくなるので、住居費の負担は、今後の修理費等になります。

【支出】
1.生活費
ご主人がいないので、ご主人の小遣い、生命保険料などがいらなくなります。
また、住宅ローンもないふたり分の生活費を考えればよいことになります。

2.教育費
お子さんが独り立ちするまでの費用は、どういう教育を受けさせるかによりますが、1,500万円前後を考えておけばよいと思います。

以上の収支を考えた上で、保険選択をされては如何でしょう。

保障額が現在の保障で充分ということであれば、敢えて保険を切り替える必要はないでしょう。
老後の資金ですが、ご主人の保険が終身であれば、多くの場合、その保険金額1,000万円は奥さまの老後資金となります。

奥さまの保険は、共済で、残りを貯蓄に廻す方が、私は正解だと思います。月々貯めて纏まったらネット銀行の定期預金や国債などを買う。もしくは株式を対象としたETFなどを購入しても面白いかもしれません。もちろんリスクはありますが。

人間いつか亡くなりますから、その時のための資金を今の内からということであれば、変額保険(終身型)やドル建ての終身保険のような、保険料の安いものを選ぶ方が理にかなっていると思います。

以上、参考にしていただければ幸いです。

評価・お礼

wedaniv000 さん

現在の保障金額まで判断してくださりありがとうございました。今、足りてる足りてない、によって今後選ぶ保険が変わってくると思うので助かりました

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

妻の死亡保険。掛け捨て?それとも運用?

マネー 保険設計・保険見直し 2009/07/01 08:42

夫の扶養に入っており子供はいませんが出来ればいつでも、という状況です。
お葬式代だけでもと思い、現在は主人の共済の保険金額500万円(掛捨)に入ってますが、万一夫が先に亡くなったり… [続きを読む]

wedaniv000さん (大阪府/38歳/女性)

このQ&Aの回答

保険を確保する時の考え方 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2009/07/01 11:43
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2009/07/01 09:01
女性の方の死亡保障。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2009/07/01 12:23
必要な保険の選び方 2009/07/01 09:30

このQ&Aに類似したQ&A

ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
保険の見直しについて hikomamaさん  2014-04-20 00:16 回答2件
死亡保障の見直しについて macaron_popoさん  2010-05-28 17:36 回答11件