断熱は連続させる - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

断熱は連続させる

2009/07/01 10:40

ハリー2さんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

ご質問の文面から、家の形が良くわからないのですが、2階の天井裏の一部に、閉じた空間のグルニエがあるということでしょうか。

そのように仮定して書きますね。

家の断熱の考え方は、屋根・外壁の建物の外側でスッポリと切れ目無く、断熱層で覆うことです。
普通は、充填断熱と言って、木骨組の間にグラスウール等の断熱材を充填します。

屋根の断熱は、
(1)屋根面に勾配なりに入れる方法と、
(2)天井懐下、つまり2階天井の上に入れる方法
があります。

(1)の場合は、グルニエの屋根や外壁が断熱されていれば良いので、グルニエの床(2階天井)が断熱されていないのは、手抜きではありません。

もし、(2)にすべきなのに、天井に断熱がない(つまり屋根にも天井にも断熱がない)のだとしたら、DIYでは難しいので、工事をお願いして下さい。


以下、(1)として進めます。

屋根は、太陽の熱負荷を直接受け、60〜70℃に達することもあります。
標準的な断熱があっても、屋根下側は温度が上昇し、閉じた屋根裏、グルニエでは、かなりの温度になることがあります。

この場合、換気をするのが一番で、換気扇で排気されているのは良いですね。


原則は、屋根・外壁の外側でスッポリ断熱する事ですが、ハリー2さんのおっしゃるように、2階をより快適にするために、グルニエの下側:2階天井で、もう1層断熱をする考え方はあると思います。

その場合も、グルニエ下の断熱層が、連続して、外側の断熱層まで貼り込む必要があります。
断熱層がどこかで途切れると効果がなくなってしまいます。

ご質問の壁(石膏ボードということで内壁ですね)を含め、グルニエ下の断熱が、スッポリと外側断熱層まで貼り込んで下さい。

参考にしていただけたら幸です。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

グルニエの外側(屋根裏空間側)に断熱材を貼りたい

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2009/07/01 00:15

先週の日曜日に、グルニエの床と2階天井裏との20センチくらいの隙間に何も断熱材が入っていない(手抜き工事?)ので、ホームセンターで密度10Kのグラスウールの断熱材を買っ… [続きを読む]

ハリー2さん (神奈川県/76歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

天井の断熱材を足しても大丈夫? しゅりんさん  2007-03-10 22:57 回答2件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
天井断熱から屋根断熱にしたいのですが、、 do it ysさん  2011-03-01 00:07 回答2件
断熱材の効果 小人の親さん  2010-01-21 12:38 回答2件