よくある話です。 - 菅野 庸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

よくある話です。

2009/07/01 01:14

ただし、精神科的に法的な立場で保護者となるべき人が、(この場合、義父でしょうか)
あなたのいうように、「義父母ともに、精神科には偏見がある古い価値観の人で、
互いにそんなところへ行くのは恥さらしだとの思いがある」とすると、本人が嫌がるのに
入院を同意するようなお考えは持てないかもしれません。

その場合、われわれもどうしようもありません。
第一に、本人が入院に同意する。
本人が同意できる精神状態にない場合、保護者、すなわち、
配偶者ならほとんど無条件、親、子供、親戚などが同意すれば入院できる方法、
原則はこの二つです。

しかし、配偶者が認知症であったりした場合、配偶者がほとんど無条件である立場を、
家庭裁判所に保護者の専任手続きをして、子供や孫、申請に保護者をすることがあります。

さらに、ベランダからCDなど投げたのであれば、自傷他害の恐れがある場合、
保健所に警察からの通報により、措置入院という方法がとれます。
あくまでも自傷他害ですので、今回の事例では適応可能かどうか。

いずれにしても当該地区の保健所に精神保健相談を受けたい旨連絡ください。
家族だけでも相談は可能で、精神科医がお話を聞いてくれることがほとんどです。
自宅訪問も可能でしょう。
何かできること、かならずあります!

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
( 宮城県 / 医師(精神科) )
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

病院に行きたがらない場合

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2009/06/30 22:59

別居の義母(60歳)が何らかの精神病を患っている様子なのですが
自分は正常だ、きちがい扱いするなといって一向に病院へ行ってくれません。

以前に一度ジェイゾロフトを処方されましたが
きちがいが飲… [続きを読む]

さよこさん (大阪府/26歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

転院を考えているのですが・・・ sweet-sugarさん  2008-09-07 13:29 回答1件
弟がいわゆる”離職ニート”なのですが・・・ 心配な姉さん  2008-02-04 11:47 回答1件
色々な症状に悩んでいます k...さん  2015-05-28 12:04 回答1件
夫とコミュニケーションができません。 なまはげさん  2015-05-10 00:10 回答1件