邦貨建て資産に過重されている理由 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

邦貨建て資産に過重されている理由

2009/06/26 08:58
(
4.0
)

Moriya, Tomo様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

邦貨建て資産の割合が増えるのは、負債側の通貨構成を加味した結果だと思います。つまり、老後の資産をカバーするという目的であればほぼ円建て資産になります。もちろん、日本で手にすることの財の原材料は外国からの輸入に頼っているという事実を考えれば外貨建て資産も含まれるべきでしょう。そういう意味でのポートフォリオのウェイトになっていると思います。

個人の資産は、必ずしも、世界の経済成長と同じスピードで成長する必要はないと思います。特にある程度の年齢に達した方が、老後の生活を考えるときのために求めるポートフォリオではそうでしょう。

もし、世界成長と同じ速度での成長を求めるのであれば為替ヘッジはしない方がよいでしょう。成長が見込める国の通貨は、長期的に見て、円に対して価値を上げることになるだろうからです。

信用リスクを度外視し裁定機会がないと考えるのであれば、ヘッジをかけた外国債券は日本債券と同じです。外国債券+為替ヘッジと日本債券は無差別であるはずです。

もし、Moriya, Tomo様が「外国債券+為替ヘッジ」に、より魅力を感じているのであれば、外国債券には為替ヘッジをした後でも、日本債券よりリターンが上回るというものを感じているのでしょう。その意味で、アクティブ運用です。

株式についてはさすがにそれほど単純ではありません。為替ヘッジした外国株式と日本株式は明らかに違う。株式については、ホームカントリーバイアスがかかっていると思います。資本市場が相応の規模に達している先進国ではいずれもあるのではないでしょうか?少なくともアメリカではホームカントリーバイアスがあるといわれていますよね。

これは投資家の特性や主観の問題だと思いますが、私見としては、ある程度のホームカントリーバイアスがかかっていたほうが望ましいと考えます。

(続きは追記に書きます)

補足

まとめると次のようになると思います。
1. 将来必要になる資金が円建てであれば、円建て資産を中心に運用することは理に適っている
2. 個人の資産は、必ずしも、世界経済と同じスピードで成長する必要はない。したがって、多少非効率な邦貨建て資産に過重されていたとしても問題ない
3. 信用リスクが同じであれば、債券については為替ヘッジをした外国債券のリスク・リターン特性は日本債券の特性と同じなるはず。したがって、為替ヘッジされた外国債券は日本債券とみなせる。逆も真。
4. 株式についてはホームカントリーバイアスが存在している。しかし、これはある程度容認されるべきものでは?そうであれば、日本株式のウェイトが多少高いことは容認される

評価・お礼

Moriya, Tomo さん

ご回答ありがとうございます。

私はホームカントリーバイアスはありませんし、為替リスクによるボラティリティを受けいれてでもリターンを増やしたいです。また希望的観測ですが、円高のスピードよりも経済成長のスピードの方が速いだろうと思っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

おせわになっております。最近は為替ヘッジに凝っている個人投資家です。

低コストの投資信託が普及してから小額でも国際分散投資が可能になりました。ところがメディアで国際… [続きを読む]

Moriya, Tomoさん (東京都/30歳/男性)

このQ&Aの回答

自国通貨へのバイアスについて 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/26 09:47

このQ&Aに類似したQ&A

個人投資家向けの為替ヘッジの方法は? Moriya, Tomoさん  2009-06-25 00:59 回答3件
投資信託積立の運用方法 あき99さん  2009-08-26 09:59 回答7件
個人投資家向けの社債の持ち方は? Moriya, Tomoさん  2009-06-25 22:22 回答1件
安全にキャッシュフローを増やしたい。 hakuhanabiさん  2012-03-17 23:15 回答3件
今保有の投資信託をどうすればいい? genki-mamaさん  2011-10-05 17:22 回答5件