損得で考えると悩ましいのですが・・・ - 上津原 章 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

損得で考えると悩ましいのですが・・・

2009/07/08 22:13

みほりさんへ
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

私も国民年金の追納をしたことがあります。実際、10年前の年金保険料を支払うのは結構つらく感じられます。だから、悩まれるお気持ちもよく分かります。

以下、ご参考になればと思いお話します。

学生納期特例期間は、受給資格期間(公的年金保険料を支払った・または支払ったとみなされる期間)には入りますが、将来の年金の額には反映されません。

全額免除期間は、受給資格期間に入るとともに、仮に全額免除のままでも、本来受け取れる金額の1/3または1/2が将来の年金額に反映されることとなります。

では、さかのぼって支払える期間ですが、学生納期特例も、全額免除期間の場合も、10年以内となります。損得勘定で考えると悩ましい部分もありますが、学生納期特例期間から先に支払われるほうがよいかと思われます。

国民年金の支払いを延ばすと、毎年4%程度の保険料のアップになります。とは言うものの、家計のピンチでカードローンを借りるよりは金利の面では低いといえます。

ボーナスをつぎ込んでも支払ったほうがよいかどうかですが、今の家計の範囲内で無理のない程度で支払われてはいかがでしょうか。

今の年金制度だと、支払った国民年金保険料はおよそ9年受け取れば元が取れる計算になります。(老齢基礎年金の場合)

回答専門家

上津原 章
上津原 章
( 山口県 / ファイナンシャルプランナー )
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年金を追納したほうが良いでしょうか?

マネー 年金・社会保険 2009/07/08 19:47

年金の追納について教えてください。私と夫は、失業のために全額免除と学生の時の免除(私のみ)を受けてきました。夫の就職が決まったので、今月から年金を払いながら、免除分も払おうと思って… [続きを読む]

みほりさん (北海道/30歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

失業保険の受給と夫の扶養に入るタイミング ばると1204さん  2010-11-05 13:10 回答1件
年金の支払いについて yoomiさん  2006-05-10 10:48 回答1件
年金について chainoさん  2011-01-08 15:00 回答1件