RE:犬 副腎皮質亢進症 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

RE:犬 副腎皮質亢進症

2009/06/28 15:53

fT4の値が低いので甲状腺機能低下症があるのは確かだと思います。
しかし、症状からは副腎皮質機能亢進症も併発している可能性が考えられます。
副腎皮質機能亢進症の診断にはACTH刺激試験といって、合成ACTH製剤(コートロシン)を注射して前後のコルチゾール値を測る必要があります。しかし、この検査は80%ほどの検出率なので、エコー検査で副腎のサイズもチェックすると良いでしょう。
また、副腎皮質機能亢進症でもALPの値は高くなりますが、1000以上というかなり高い値ですので、肝臓・胆嚢にも病気がある可能性があります。肝臓・胆嚢のエコー検査も一緒に行うと良いでしょう。また、ALP以外のほかの肝臓の数値に異常がないか血液検査をする必要があります(すでに必要な項目が検査されていれば大丈夫です)。
採血は足だけではなく、手や首の血管からも行うことが出来ます。もし、採血に抵抗があるようでしたら、副腎・肝臓・胆嚢のエコー検査をまず行うことをお勧めします。
甲状腺、肝臓のお薬は継続して構いませんが、副腎・肝臓・胆嚢の詳しい検査をすることをお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

犬 副腎皮質亢進症

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/06/20 22:48

11歳半のオスチワワ、多飲多尿、食欲増、足腰の衰え、腹の膨らみ、皮膚病で受診、・・・甲状腺ホルモン低下と診断され13日間薬を飲む・・が調子悪そうで他の病院へ。
初めての血液検査・・・肝臓値ALPが16… [続きを読む]

グッチャンクーさん (神奈川県/56歳/女性)

このQ&Aの回答

犬 副腎皮質亢進症 2009/06/23 06:21

このQ&Aに類似したQ&A

子宮蓄膿症と診断されました yuki97さん  2009-06-15 02:46 回答2件
犬の胆嚢粘液嚢腫について みなち06さん  2013-12-29 01:35 回答1件
犬の腎不全の治療について mittchiさん  2011-08-29 12:45 回答1件
マルチーズシニア犬の死因 ちょちママさん  2009-10-14 00:37 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件