猫のクッシング症候群 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

猫のクッシング症候群

2009/06/16 02:14

犬と比べると、とても少ない疾患ですが、猫にもクッシング病はあります。 副腎の腫瘍が原因なら、手術の可能性もあります。 下垂体性ならば、先端医療では手術もしているようですが、基本は内科療法です。 トリロスタンは高価な薬ですがクッシング病にはとても効果があります。 当院でもよく使いますが、さすがに猫に使った経験はありません。 また、イギリスでは、トリロスタンの投与が、唯一、認められた猫クッシング病の治療だそうです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

猫のクッシング症候群

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/06/15 18:14

避妊手術をしてから、多飲多食になったため、手術を受けた病院に診てもらいに行きました。(現在9歳、1か月で3Kgから4Kgに体重が増えました)
最初は糖尿病の疑いだったのですが、コルチゾール値が高くクッシン… [続きを読む]

bibinkoさん (神奈川県/31歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

犬の帝王切開&避妊手術(長いです) あーちゃんちゃんさん  2008-07-08 10:35 回答1件
避妊手術に踏み切る事にしました uraponさん  2013-11-17 13:01 回答1件
メス猫の避妊手術後、ご飯を食べなくなりました。 gonshi5555さん  2012-02-22 10:51 回答1件
犬のてんかん テンシさん  2009-07-09 11:07 回答2件