マンション購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

マンション購入の件

2009/06/16 17:52

minkogogoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『主人のお灸利用だけで、こちらの物件を希望して良いのか、迷っています。』につきまして、住宅を購入する場合、将来、住宅ローンの返済で家計が圧迫されないためにも、物件価格の20%+諸費用分は予め用意したうえで、住宅を購入するようにしてください。

また、住宅ローンを組んだ後から無理なく返済していくためにも、住宅ローンの負担割合として、ご主人様だけの場合は手取り月収金額の28%ほど、共働きでしたら30%ほどに収まるように住宅ローンを組むようにしてください。

特に、住宅ローンを組むときは収入合算で住宅ローンを組んだ場合には、奥様が産休中はご主人様だけの収入になってしまいますので、その間は貯蓄から住宅ローンの一部を返済することになっても大丈夫な程度の預貯金は確保しておく必要があります。

尚、現在は社宅扱いで勤務先から補助が出ていると思われますので、お金を貯めやすい環境といえます。
よって、もう少し階数の少ない賃貸物件に引っ越して、お金をしっかりと貯めた後から住宅を購入しても決して遅くはないと考えます。

現在は社宅扱いということもあり、毎月かかる住居費用は少ない金額で済んでいますが、多額の住宅ローンを組んでしまうと、生活が苦しくなったからと行って、毎月の返済額を減らすなどということはできなくなってしまいます。

無理のない資金計画をしっかりとたててから、住宅を購入するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

マンション購入検討

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/06/15 15:49

現在マンション購入を考えている夫婦です。
下記の様な条件の場合、見送った方が良いのか
ご意見頂きたく思います。


【主人】
34歳
勤続年数10年
(一部上場企業)
年収:560万円

【妻(私)】
31… [続きを読む]

minkogogoさん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aの回答

マンション購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/16 10:02

このQ&Aに類似したQ&A

競売物件とローンの選定 ばいきんまんさん  2008-09-02 12:35 回答2件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
支払は可能でしょうか?(夫婦働き) rowerさん  2012-12-17 09:58 回答1件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件