短期の医療リスクよりも長期にわたる障害リスクを - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
一色 昭彦

一色 昭彦
保険アドバイザー

- good

短期の医療リスクよりも長期にわたる障害リスクを

2009/06/09 01:38
(
4.0
)

こんにちは
東京eコンサルティングの一色と申します。

確かにおっしゃるとおりで短期の傷病などは
医療保険などなくても公的な保障や貯蓄などで十分まかなうことができると思います。
従いまして、そんなに大きなリスクではないでしょう。
とすると
何がリスクなんでしょうか?

貯蓄ができるのは、健康で働き続けられることが前提なんですよね。
働くことができなくなったら??

長期にわたっての所得減少リスクを仮に定年まで保障できる制度があれば
一番今ある大きなリスクを軽減できるのではないでしょうか?

長期の障害所得補償保険を検討してみてはいかがでしょうか?
精神疾患や交通事故で仕事ができなくなったり、脳の病気で字が書けなくなったりしたら?
所得の減少分を長期のわたって補償する保険制度です。
定年の60歳まで補償することもできますよ。

ぜひ、一度調べてみてください。

評価・お礼

Ma-Sann さん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速な回答ありがとうございます。

思わぬトラブルはつきものですよね。
長期の障害所得補償保険については、会社の団体保険にそのような記載があったので調べてみたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

医療保険に入るべき?

マネー 生命保険・医療保険 2009/06/09 00:53

私が30歳になるにあたり、医療保険加入を検討したものの、
色々と情報収集してみたところ、本当に入るべきか?と
悩んできましたので、ご意見頂戴できればと思います。

私:30歳 会社員 年収700万… [続きを読む]

Ma-Sannさん (神奈川県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

医療保険に加入するかどうか? 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/09 01:14
会社の共済について 植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/09 12:05
保険加入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/09 15:29
最低限の備えも安心の一つの方法。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/09 22:32
奥様の保険も・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/09 05:21
今だけでなく、退職後も視野に入れてみましょう 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/09 07:16
ma-sannさんの場合 2009/06/09 08:32

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険トータルプランのアドバイスお願いします! モスコさん  2012-05-13 12:55 回答2件
夫の生命保険の更新について たかやさん  2010-07-16 15:26 回答3件
生命保険の新規契約内容について もぐもぐさん  2008-07-22 00:04 回答8件
生命保険の見直し monmon1206さん  2013-07-04 02:05 回答1件
長割終身と長割定期について ジュウザさん  2012-09-26 13:33 回答2件