自社内で人員を抱えるメリット - 森 滋昭 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森 滋昭 専門家

森 滋昭
公認会計士・税理士

- good

自社内で人員を抱えるメリット

2009/06/09 14:48
(
5.0
)

アウトソーシングせずに自社内で人員を抱えるメリットとしては、第一に自社内でのノウハウの蓄積があると思います。
第二に機動的な対応が可能になります。

例えば、今後会社が大きくなっていく時に、自社で記帳等の経理業務や給与計算を行える人員がいたほうが、法律や税法の改正への対応や種々のノウハウを蓄積し、さまざまな問題に機動的に対応することが可能になります。
また経理や人事関連のデータは、会社の規模が大きくなれば、戦略的な意思決定行う際の重要な情報になりますので、自社で管理することが重要になります。

一方、経理業務や給与計算を社外にアウトソーシングをしている場合、こうした情報やデータを、すぐには入手しずらくなります。

ただし、自社で人員を抱えているにもかかわらず、想定どおり会社の規模が大きくならなければ、ご質問のとおり、人件費の負担が重くなります。
結果的に、アウトソーシングをしたほうが人件費を変動費化できていたことになります。


今後日本企業の競争力を高めるための鍵の一つは、ホワイトカラーの生産性の向上にあると思います。
従来日本のホワイトカラーは終身雇用制に守られてきましたが、企業も自社の状況に応じて大胆にアウトソーシングを行うことも選択肢の一つとなってきています。
すでに海外の企業には、経理部門を賃金の低いインドなどにアウトソーシングするところもありますので、今後は、日本のホワイトカラーも、自分の仕事における付加価値を認識していくことが大切だと思います。

評価・お礼

buyout さん

経理もインドにアウトソーシングされているのですね、初めて知りました。非常に分かりやすい回答有難うございました!

回答専門家

森 滋昭
森 滋昭
( 東京都 / 公認会計士 )
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

アウトソーシングについて

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2009/06/08 22:40

企業が各種士業などにアウトソーシングせずに自社内で経理や総務などの人員を抱えるメリットはどういった点なのでしょうか?個人的には人は流動性リスクがあり福利厚生などの経費が発生するので負担ではない… [続きを読む]

buyoutさん

このQ&Aの回答

メリットは独自業務に柔軟に対応可能なこと 睦好 正治(経営コンサルタント) 2009/06/09 01:14
事務系のホワイトカラーは減る? 須藤 利究(経営コンサルタント) 2009/06/10 19:12

このQ&Aに類似したQ&A

法人が銀行から事業資金を借り入れる場合 happyretireさん  2009-07-08 21:53 回答1件
個人事業の追加事業について マリッペさん  2008-10-22 22:55 回答2件
銭湯の経営について 風呂屋さん  2008-10-14 23:10 回答3件
会社をつくるにあたって 起業したいさん  2008-03-29 15:56 回答2件