メリット、見方を変えるとディメリット - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

メリット、見方を変えるとディメリット

2009/06/05 11:54

ぎゃんさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

住宅パブリックゾーンのLDKの中で、どの部屋を一緒にし、あるいは分離して独立させるか(壁で仕切る)で、さまざまな考え方があります。

L:リビングとD:ダイニングがくつろぐスペースなのに対し、K:キッチンは料理をすること、つまり作業することが目的のスペースです。
来客時にキッチンは見せたくないということから、キッチンを分離し、リビングとダイニングは一体の部屋とする「LD+K」という考え方があります。

一方で、ほとんど家族だけで過ごすのだから、キッチンも一体とし、「LDK」一空間のオープンな形があります。

対面キッチンは、リビングの家族や友人とコミュニケーションをとりながら、料理を進めることができることがメリットです。
お子さんが小さいときは、リビングやダイニングで遊ばせ、キッチンで目を離さずに作業することができます。

L・D・Kが仕切られないので、部屋が広く感じます。


キッチンからリビングやダイニングが見渡せる一方、リビングからもキッチンが良く見えるわけで、片づかないキッチンが見られてしまうことがディメリット、問題点です。

流し・コンロが部屋側で、吊り戸棚がない(この方がより一体でスッキリ)場合、換気扇は独立タイプを使うとしても、天ぷら等油が室内に飛びやすいことも、問題点と言えるでしょう。


参考にしていただけたら幸です。
パルティータ建築工房サイトはこちら
東京都中野区の建築設計事務所 注文住宅/二世帯住宅/リフォーム

住宅の疑問にこたえる、「住宅こたえるね!ット」はこちら

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

キッチンとリビングの配置

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/06/01 23:45

 対面キッチン(オープンタイプ)で、キッチンの正面にリビングがあって、キッチンからもテレビが見える間取りについて、メリット・デメリットを教えてください。
 ダイニングテーブルはキッチンと横並び… [続きを読む]

ぎゃんさん (群馬県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

減り張りの有るプランをお勧めします。 佐藤 靖生(建築家) 2009/06/02 08:44
対面キッチン(オープンキッチン)の長所・短所 安藤 美樹(建築家) 2009/06/03 13:41

このQ&Aに類似したQ&A

新築間取りでアドバイス下さい!わ あいらぶゆーさん  2015-03-25 05:47 回答3件
狭いLDKの間取りについて accocoaさん  2009-09-26 09:12 回答2件
畳コーナー(小上がり)について ちこだまさん  2007-08-22 10:53 回答10件
間取りについて Umamさん  2016-03-26 22:09 回答1件