差し歯の際の神経治療 - Dr.TSUBAKI - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

Dr.TSUBAKI 専門家

Dr.TSUBAKI
歯科医師

- good

差し歯の際の神経治療

2009/06/10 09:45

こんにちは。ティースアートのDr.TSUBAKIです。

差し歯という言葉の由来ですが、以前は差し歯にする場合、神経を取って歯の根元で歯のほとんどの部分をカットし、根の部分に金属の支柱を持った歯を差しこんでいたので「差し歯」と言われます。

またセラミックの被せものの場合でも、歯を削る量が多くなってしまい、後でしみるなど痛みが出る可能性があるため、あらかじめ神経を取っておく方法が一般的でした。

しかし最近では、世界的に歯をなるべく削らないようにする方向に進んでいることと、接着の技術が進んできたことなどによって、取る必要のない神経はなるべく残すようになってきています。特に神経の治療が高額なアメリカでは、ほとんどの場合に神経を残してセラミックを被せています。

ただし歯並びを大きく変える場合や、歯が大きく欠けている場合には、あらかじめ神経を取ってしまう場合があります。今回のケースではどの程度かわかりませんが、担当の先生のご判断では取っておいた方がいいということなのでしょう。

通常のケースであればsiniti3866さんがおっしゃるように、初めは神経を取らずにセラミックを行い、痛みが出た場合に神経を取る方法もあります。この場合はセラミックの裏側に穴をあけて、そこから治療を行い、終わったらファイバーの土台で補強、樹脂を詰めればほとんどわからなくなります。ティースアートでもなるべく神経を取らないようにしていますが、現在のところセラミック後に神経の治療が必要になったケースは1%程度です。写真のケースでも神経は取っていません。

  ティースアート審美歯科

回答専門家

Dr.TSUBAKI
Dr.TSUBAKI
( 東京都 / 歯科医師 )
ティースアート ティースアート代表
03-3541-3514
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

米国の最先端ホワイトニングを日々研究、提供しています

日本で最初のホワイトニングサロンを銀座にオープンさせて以来、講演活動などを通して国内のホワイトニングを牽引しています。常に新しい技術を習得することを心がけており、年2回アメリカの審美学会に出席、日本人の歯を白くすることに貢献しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

差し歯と神経処置について

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/06/01 23:10

先日前歯の一本が半分かけ差し歯をいれようかと思っているのですが、神経を抜かずに差し歯にすることはできるのでしょうか?
神経をぬかずにできる場合、後に痛みがでできた場合に神経を除去することで考え… [続きを読む]

siniti3866さん (大阪府/34歳/男性)

このQ&Aの回答

差し歯と神経処置について 山本 治(歯科医師) 2009/06/02 00:07
神経の処置 守屋 啓吾(歯科医師) 2009/06/02 09:40
差し歯と神経処置について 倉田 友宏(歯科医師) 2009/06/02 14:06
おそらく神経を抜いたほうが安全という判断かも 堀内 晃(歯科医師) 2009/06/03 13:24
かけ方と現在の症状 桂山 龍彦(歯科医師) 2009/06/02 08:04
質問にお答え致します 金田 竜典(歯科医師) 2009/06/03 14:55

このQ&Aに類似したQ&A

差し歯の痛み あきらまつもとさん  2014-11-19 05:49 回答1件
オールセラミッククラウンの質問2 ふぅみさん  2009-12-05 01:07 回答4件
歯の激痛 kumikkeさん  2016-09-14 19:50 回答1件
歯根治療後の薬無しについて 麻黄さん  2016-07-11 22:16 回答1件
治療後の歯の痛みについて 麻黄さん  2016-06-12 14:35 回答1件