状況次第です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:刑事事件・犯罪

羽柴 駿

羽柴 駿
弁護士

- good

状況次第です

2009/05/22 16:53

あなたの行為で本当に相手が頸椎捻挫になったのでしょうか? あなた自身はどう思うのですか?

あなた自身が身に覚えがあるならば、相手に怪我をさせたのですから傷害罪が成立する可能性があります。その時の状況によるのですが、相手方の攻撃から身を守るための正当防衛が成立する余地はないでしょうか。

傷害罪の法定刑は15年以下の懲役または50万円以下の罰金です(刑法204条)。

仮に傷害罪が成立する場合、処分としては、起訴(公判請求)、略式起訴(罰金)、不起訴のいずれかです。相手方が不当な言いがかりをつけるような人物であることを警察・検察に理解してもらえれば、不起訴の可能性もあります。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

自分はどの程度の罰になるのでしょうか?

暮らしと法律 刑事事件・犯罪 2009/05/21 09:40

自分は20代前半の会社員です。自分は三階建てのマンションの三階に住んでおりますが、4月上旬頃に四十代後半くらいの新しい住民が自分のすぐ下の階に越してきました。それまで、自分はその… [続きを読む]

前科なし一般人さん (東京都/24歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

万引き 初犯 胸毛はげさん  2013-02-13 21:54 回答1件
殺人未遂で訴えられるか? MsUwabamiさん  2009-07-29 16:54 回答1件
2度の窃盗と検察からの手紙 eastgardenさん  2012-04-17 17:18 回答1件
暴行の時効について nonnon38さん  2009-05-12 19:24 回答1件