信用毀損、業務妨害 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽柴 駿

羽柴 駿
弁護士

- good

信用毀損、業務妨害

2009/05/13 16:02

虚偽の情報を流布させて他人の信用を毀損したり、業務を妨害したりすると、信用毀損・業務妨害の罪になります(刑法233条。3年以下の懲役または50万円以下の罰金)。

「いずれ潰れる」という情報は虚偽でしょうから、その元社員を警察へ告訴することで、犯罪を防止することが出来ます。

ただし、他人を告訴するには明確な証拠が必要です。この場合でいえば、彼が何時、誰に対し、何を言ったかの証拠で、聞いた人の証言、会話の録音テープ、携帯メールなどが証拠になります。

もちろん貴方の会社が本当に潰れるような状態ではないことが前提です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

元・幹部に『誹謗中傷』を受けて、こまっています

暮らしと法律 刑事事件・犯罪 2009/05/13 15:05

プラスチック製造加工メーカーの経営者(代表)をやっております。
実は、昨年9月に懲戒解雇となった元・社員(営業部長)が
(※懲戒解雇になった理由は「空」出張による虚偽の交通… [続きを読む]

マサボンバーさん (神奈川県/48歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

NPO理事の横領を刑事告発したい。 ベーブさん  2007-04-21 21:13 回答1件
窃盗、書類送検 dmwajtさん  2012-10-03 22:18 回答1件
元従業員の不法行為について multipostさん  2009-03-20 22:52 回答1件
逆請求 Uさん  2008-07-15 22:49 回答1件
住居侵入について教えてください。 hashigoさん  2008-05-27 12:27 回答1件