リフォーム決定の前にセカンドライぷプランニングを! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

リフォーム決定の前にセカンドライぷプランニングを!

2009/05/14 06:24

Zippyさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

増改築を決断される前にセカンドライフプランニングをしてみることをお勧めします。
今住宅ローンを組み退職金で完済して老後資金は大丈夫でしょうか?
貯蓄がいつまで持ちこたえることができるでしょう?

家は良くなったが、老後の生活に余裕がない
となるようでしたら、増改築の予算を削ることを考えるべきでしょう。
年収が高いので、生活費なども膨らんでいるかもしれません。

60〜65歳までの間も取り崩しが発生するかもしれません。
65歳以降は年金見込み額はどのくらいでしょう?
毎年どのくらいの取り崩しとなるでしょう?

貯金ができるのは60歳までしかありません。
そこで、退職金も合わせていくらためておけばいいのかを割り出すことをおススメします。

終身保険に関しては払い済みを検討されるといいのではないかと思いますが、それに医療特約が付いていて今から医療保険の新規加入ができないようでしたら、減額して継続する方法もあります。
保険の見直しも合わせて個別にご相談されるといいでしょう。

詳細がわかればゆとりのあるセカンドライフを迎えるための具体的な改善策をアドバイスできると思いますし、もしかしたら、年金財形を目的外払い出しをしてリフォーム費用に充当したほうがいいかもしれません。またいくらまでだったら、リフォームにお金をかけても大丈夫かもわかると思いますよ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老後準備のためのライフプランは?

マネー 家計・ライフプラン 2009/05/13 13:50

56歳の会社員。妻53歳、長女、長男の4人家族です。
年入は約1300万円(税込)、プラス妻のパート収入が約90万円程です。
現在、22年前に購入した自宅の大規模な増改築を検討しています。耐震工事… [続きを読む]

Zippyさん (千葉県/56歳/男性)

このQ&Aの回答

キャッシュフロー表の作成をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/13 16:05
将来設計に資金繰りを合わせてみませんか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/14 00:56
生活の厳しさを覚悟する事から始めましょう。 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/13 23:30
2009/05/15 11:14

このQ&Aに類似したQ&A

二人目は難しいでしょうか? 動物大好きさん  2010-12-21 20:45 回答4件
これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件
住宅ローン返済方法とライフプランについて tubuanさん  2011-11-14 13:04 回答6件
今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
将来のために、今やるべき事は・・・? norimoriさん  2009-08-02 19:05 回答8件