貯める・備える・増やす - 堀池 泰 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

堀池 泰 専門家

堀池 泰
保険アドバイザー

- good

貯める・備える・増やす

2009/05/06 16:19

ねこここさん、こんにちは。
元生命保険会社勤務の、Adual(アデュアル)堀池と申します。

おカネのことを考える場合、「貯める・備える・増やす」に分けて考える必要があります。

貯める:銀行等で貯金。利回り低。
備える:保険会社等で保険加入。利回り中。
増やす:証券会社等で投信等を購入。利回りは相対的に高。

文部科学省の「子ども学習費調査」によると、すべて国公立に進学しても一人当たりの平均教育費は788万円です。
この金額を全て保険で備えると月々3万円以上の積み立てが必要です。
また予算を月1万円とし、投資のみで考えると年平均利回りで12.5%必要です。

この場合、仮に「予算3万円・積立期間18年」とし、2つに分けるとかなり楽になります。

■保険で月々1.5万円積立
18年後の学資金約372万円・・・(1)
※貯蓄率は仮で115%を利用

■月々1.5万円で運用商品に積立
年平均利回り3.0%で、積立元本324万円に対し複利運用積立金434万円・・・(2)
   
   ↓

(1)+(2)=806万円


尚、運用は長期投資前提であり、運用期間中にマイナス運用の年も当然出てきます。
ただ長い目で見れば基本的に増加してゆきます。

1970年の日経平均終値は1,987円でした。
その後バブル崩壊、100年に一度の金融危機がありましたが、日経平均が8,000円でもまだ4倍以上です。

回答専門家

堀池 泰
堀池 泰
( 神奈川県 / 保険アドバイザー )
Adual株式会社 代表取締役
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

子供の教育資金

マネー 教育資金・教育ローン 2009/05/05 23:00

子供の教育資金について検討しています
学資保険を検討していましたが、低払い戻し金型定期保険を紹介されました
15年払込
子供は0歳なので大学進学時(18歳)での返戻率が115%だそうです
学資保険につい… [続きを読む]

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

このQ&Aの回答

貯蓄性が高い保険につきまして 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/05 23:40
教育費の準備の考え方 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/06 10:49
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2009/05/07 08:16
投資信託について 2009/05/06 11:34
長期・目的別ですね 2009/05/06 21:53

このQ&Aに類似したQ&A

教育資金の貯め方・その他についてお尋ねします。 kanachaさん  2008-08-04 16:24 回答9件
教育費積立 まみむめマミーさん  2012-01-24 01:05 回答4件
教育資金の積立手段は? oji123さん  2009-07-23 00:30 回答8件