契約の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

契約の件

2009/05/05 16:40
(
5.0
)

カンダさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『総合的にみて契約解除した方が良いでしょうか?』につきまして、収入が減ってしまったことにより、住宅ローンをこれから組んでも安心して返済をしていくことができるかどうかが大きなポイントとなります。

無理な住宅ローン返済になってしまった場合、今後の結婚生活にも支障をきたしかねません。

一般的に住宅ローンを組んでも家計に負担を掛けることなく、無理なく返済していくためにも手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、28%程度に収まるように住宅ローンを組むようにしてください。

よって、カンダさんの場合も年収が下がった後の手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が大きなポイントとなります。

ご自身で住宅ローンの負担割合を計算をしたうえで、住宅を購入するかどうかを判断するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

カンダさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、高い評価をしていただきありがとうございました。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

カンダ さん

回答ありがとうございました。

その比率で考えると、無謀としか言いようないですね。軽率だったと反省しました。けど吹っ切れました。

解約の手続きを取ろうと思いますが、もう一つだけいいですか?
一般的に「契約に着手するまで」が返却のボーダーラインだと認識していますが、「着手」とは、

■買い主が判を押した瞬間(売り主の判が振込時点でなかったとしても)
■手付金を振り込んだ瞬間(すぐに意思表示をしたとしても)

今回手付金を振り込んだ瞬間に担当営業の方に解約の意思表示を口頭で行っており、まだ売り主より契約書をいただいておりません。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

マンション契約解除したほうが良いですか?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/05/03 22:58

年収700万円で3600万円のマンションを購入。手付金200万円納めたのですが、その直後に年収が100万円下がることが発覚しました。

もう少し契約のタイミングを計ればよかったのでしょうが… [続きを読む]

カンダさん (千葉県/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
夫が義父母の住宅ローンの連帯債務者に ほんのきさん  2013-03-01 00:23 回答0件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件
住宅ローンについて ahiruさん  2009-10-16 03:11 回答3件
住宅ローン7倍の借り入れ オサムシさん  2008-03-23 22:09 回答6件